薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




概  念
 :

陽盛とは、陽邪(暑・火・燥)により身体の諸機能に障害が起こり熱邪が盛んな状態をいいます。陰陽のバランスが崩れ、陽の偏盛は生理機能を異常亢進させ、体内に熱がこもらせます。一般的には臓腑機能がよく働く強盛な体質と考えています。

原  因 : 陽盛体質(遺伝的)、温熱(陽邪)の侵入を受ける、七情の失調(ストレス)、飲食の不摂生、気滞・食積・血瘀などが長引く。

症  状 : 赤ら顔、声が高い、呼吸が荒い、汗が多い、口渇く、食欲旺盛、活動的、舌赤い、苔黄色、便秘、尿が少ない、色が濃い、冷たいものや脂っこいものを好む。

陽盛体質の分類  密接に関連する主な臓腑は「心」「肝」「胃」「大腸」です。






症状分析





薬膳処方(対策)
心は火に属し熱になりやすい特徴があり赤ら顔、興奮しやすいなど熱による症状がみられる体質
①心は火に属し、熱になり易い特徴➡赤ら顔、口渇、尿の色が濃い、便秘
②熱の影響により➡にきび、興奮しやすい、眠りが浅い
③心火が舌に通じ➡口内炎が出やすい

清熱瀉火





症状分析




薬膳処方(対策)
肝陽盛で肝の熱が高ぶり怒りっぽい、興奮し易いなどの症状が現れる体質
①肝の熱が高ぶると熱が経絡に➡怒りっぽい、せっかち、頭痛、目眩、耳鳴り、
 目の充血、目のかすみ、脇の熱感や痛みなどの症状
②肝の熱が精神作用影響➡熱により興奮状態、眠り浅い、よく夢をみる

清肝瀉火





症状分析





薬膳処方(対策)
臓腑の働きが強いことで消化が早くなり食欲旺盛な体質
①胃熱により、胃の働きが強くなる➡ 口渇、口臭、冷たいものを好む
②胃熱が旺盛になる➡歯茎の出血や痛み
③熱が水を消耗する➡尿量が少ない、色が濃い、便秘
④臓腑の働きが亢進すると消化が早くなり➡食欲旺盛

清胃瀉火






症状分析




薬膳処方(対策)
大腸に熱がこもると腸の働きを低下させる。便秘や排便困難のある体質
①腸に熱がこもり腸の機能を低下➡便が臭い、便秘、腹痛、排便困難など
②腸にこもった熱は上に上がり➡口臭、口渇、目眩などの症状


清熱瀉火通便




陽盛体質の薬膳の基本 清熱類(瀉火)(体内の熱を冷ます。寒涼性の性質をもつ。分析をもとに帰経に合う食材・中薬を選択する)  
辛涼解表類(辛味涼性の食材・中薬を用い、発汗により体表に侵入した熱邪を取り除く)

薬膳の処方(対策)
薬膳処方 薬膳に使用される食材 中 薬
清熱類 陽が強く、体内の熱を冷ます、口渇、便秘 白菜、セロリ、とまと、胡瓜、苦瓜、豆腐、かに、緑豆、粟、茶葉 荷葉、竹葉、山梔子、夏枯草、決明子、金銀花、蒲公英
辛涼解表 体表にある熱を発汗により熱を取り除く 菊花、薄荷、葛、浜納豆、牛蒡 菊花、薄荷、葛根、桑葉、牛蒡子、淡豆鼓
清熱瀉火 熱を取り除き、各臓腑の火熱を鎮める。➡西瓜、苦瓜、冬瓜、百合根
清胃瀉火 胃の熱を冷ます。➡茶葉、とまと、ひし、ゆば
清肝瀉火 肝に侵入した火熱邪気を取り除く。清肝は肝の熱を冷ますこと。➡ジュンサイ、しじみ
清熱通便 陽盛体質の便秘を改善する。➡バナナ、こんにゃく、白菜、マコモ
清熱利尿 余分な水分を尿として排泄し、尿とともに熱も出す効果がある。➡セロリ、せり
清熱生津 熱を取り除き、消耗された津液を補う。➡とまと、りんご、緑豆、ズッキーニ
清熱止渇 熱による乾燥の症状を改善、渇きを止める。➡サトウキビ
要 点:涼性・寒性・苦味・甘味の食材や中薬がよい。肝・心を重点的にみる。
注意点:唐辛子、生姜、にら、ねぎ、鶏肉、牛肉、酒など温熱性のものは、食べ過ぎないように
    注意しましょう。