薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




概  念
 :

陽虚体質は体内の陽気が損傷し、温煦、推動、気化などの作用が低下し、臓腑の機能失調が起こり、身体の冷え、身体の痛みなどの症状が現れます。一般的には気虚証の悪化によって陽虚証になります。従って陽虚は気虚の悪化したもので、臓腑の機能は気虚よりさらに低下します。

原  因 : 気虚の原因(先天性の虚弱、疲労、病後、産後、栄養不足、運動不足、ストレス、老衰など)が長期間改善していない。

症  状 : 顔色が白っぽい、目眩、動悸、息切れ、手足と身体、腹部、腰、関節の冷えと痛み、浮腫み、疲労倦怠感、下痢、寒がる、寒冷を嫌い温暖を好むなど。

陽虚体質の分析  密接に関連する主な臓腑は「心」「脾」「腎」です。






症状分析





薬膳処方(対策)
肺気の虚弱が主な原因となり咳、喘息、痰の症状が現れる体質
①陽不足により体内に寒邪が生じる➡胸や背中、肩こり、心臓の周り痛みの
 症状が現れる。
②血を循環させる力弱い➡動悸、不安、胸苦しい、息切れ、不整脈の症状
③心血に繋がり➡白っぽい顔色、目眩など起こりやすい

温陽心気





症状分析





薬膳処方(対策)
脾陽の温める働きが弱く運化機能の低下や冷えや下痢の症状がみられる体質
①脾気の悪化、水穀精微の生成不足➡顔色蒼白、息切れ、自汗、疲れ症状
②脾陽虚により身体が温められない➡四肢の冷えが現れる
③寒邪の凝滞性により気血の流れが停滞➡腹部の疼痛の症状
④津液の停滞➡むくみ、下痢の症状

温陽散寒





症状分析




薬膳処方(対策)
腎気虚の悪化により冷えや足腰の痛み、むくみなどの症状がみられる体質
①腎陽虚により温める作用の低下➡畏寒、冷え、足腰怠い、疼痛など
②性機能が弱くなる➡不育、不妊
③津液代謝の低下➡心悸、浮腫み、下痢

温腎助陽



陽虚体質の薬膳の基本  助陽散寒(陽を補い、寒邪を取り除く)

薬膳の処方(対策)
薬膳処方 薬膳に使用する食材 中 薬
助 陽 陽を養い、臓腑を温め機能促進や抗寒能力を増進、食物性食品より動物性を、帰経も考慮する。 胡桃、栗、刀豆、にら、羊肉、鹿肉、海老、岩魚、なまこ 杜仲、鹿茸、冬虫夏草、淫羊藿、肉蓯蓉、益智仁
温裏散寒 臓腑を温め、冷えを改善する。
助陽の効果が高まる。
香辛料の使用量に注意する。
ピーマン、パプリカ、鮭、鯵、鱒、しし唐、黒砂糖 肉桂、小茴香、丁香、桂花、花椒、胡椒、乾姜、高良姜
補 気

温裏散寒
補気類と温裏類を組み合わせると
「助陽散寒」の効果が期待できる。
米類、山芋、じゃが芋、南瓜、椎茸、カリフラワー、鶏肉、牛肉、鰯、鱈、鰻 朝鮮人参、党参、黄耆、西洋参、大棗、白朮、山薬、甘草
補 血 健脾類を適宜摂取する。 血虚体質・気虚体質を参照のこと
要 点:温性・熱性、甘味・辛味の食材や中薬を使う。心・脾・腎を重点的に補陽する。
注意点:冷えがあるので、寒涼性・苦味の苦瓜、冬瓜、セロリなど食材は避ける。
    冷たい飲み物は過剰に摂らない。常温か温かい飲み物を飲む。