薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




津液とは体内における各種の正常な水液の総称であり、人体を構成し、生命活動を維持する基本物質です。各組織器官に広く分布し、血液の成分のひとつでもあります。人体のある種の分泌液唾液、涙、鼻水、汗、尿なども津液に含まれます。




 津液の生成

脾の働きによって水穀精微から生成されます。肺気と腎気の気化作用により、脾胃・小腸・大 腸の働きを助け津液が生成されます。
大腸で糟粕から水分を吸収して津液として使用します。
「津血同源」で血液からも生成されます。

 津液の輸布・排泄・分類

津液は六腑の「三焦」を専用の通路として全身を巡ります。津液の運行は、気の推動作用で行われ、特に肝気の疏泄作用は津液の運行を調節しています。また、脾、肺、腎も津液の運行と深く関わっています。津液は脾の「運化作用」と「昇清作用」によって、肺に送られ、肺の「宣発・粛降作用」によって津液を全身にめぐらせます。腎の「水を主る」作用によって津液の再吸収と膀胱からの尿の排泄を調節しています。
津液の排泄は肺、腎、膀胱および口、鼻、皮膚、二陰の作用により行われます。不要な水液は主に腎の働きで尿となり膀胱から排泄されますが、呼吸、汗、便としても排泄されます。
津液の分類
津 :性状が希薄、流動性大、全身を循環し、各組織を滋潤し、腠理、皮膚、汗孔に分布。
   体外には涙、汗、唾などとして現れます。
液 :性状が濃厚、流動性小、関節、臓腑、脳、髄などに分布。
   関節の働きを滑らかにしたり、脳髄を滋養しています。
五液:汗は心の液、涕は肺の液、涙は肝の液、涎は脾の液、唾は腎の液、この五液はそれぞれ対応する
   五臓で生成されると考えられています。

 津液の生理機能

① 滋潤と滋養作用 津液は体表にあるものは皮膚、毛髪を滋潤し、体内にあるものは臓腑を滋養しています。
② 潤滑と保護作用 津液は関節、五官(目・口・鼻・耳・舌)、じん帯、筋肉に潤いを与え、体の動きを円滑にし、保護をしています。     
③ 補充作用 津液は骨髄、脊髄、脳、関節、血液の一部に転化してこれらを補います
④ 排泄作用 汗、便、尿を排泄するときに代謝の廃物も排泄されます。