薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




気(き)・血(けつ)・津(しん)液(えき)(体液)とは、人体の生命活動を維持していくための重要な物質です。食物の栄養成分と自然界の清気(酸素)から生成され、各臓腑を機能させるための基本物質であり、また一方、各臓腑の生理機能によっても気・血・津液が生成されます。



「気」

「気」は、日常よく使われる元気に始まって空気、勇気、気迫、陽気、気配り、気苦労など気によって変化する現象を表す言葉はたくさんありますが、中医学でいう「気」は、世界を構成する基本的な物質で、科学的には確認できませんが、地球も木も花も動物も人間もすべて気によって存在していると考えられています。
気は人体を構成し、人の生命の根源であり、また精神活動も司るなどもっとも重要な機能を担っています。人体中の気は、運動性があり、活発に動いていますが、その分布位置や機能によって四つの種類に分類されます。

① 元気(げんき)

② 宗気(そうき)

③ 衛気(えき)

④ 営気(えいき)
:成長の促進や活力を旺盛に働く最も重要な気

:主に呼吸作用を司る

:自由に体表、体内をめぐり病気から体を防御する働き 

:脈中を血とともに循環し、全身に栄養物質を運ぶ働き

元気

衛気

宋気

営気

この他にも「気」はさまざまな種類と多くの機能があります。薬膳を学ぶためには、この「気」の考え方を理解し、受け入れることが非常に大切です。

「血」

「血」は血管内を循環する栄養物質を含んだ赤い液体で、全身に栄養物質を供給します。また、「血」は精神活動を支えている物質でもあります。「血」と「血液」とは機能に違いがありますので、中医学では「血」と区別して呼びます。「血」は循環によって五臓六腑から皮膚筋骨にいたるまで全身の組織器官に栄養物質を与え、人体の機能を正常に保ち、人体を構成し、生命活動を維持する重要な基本物質です。

「津液」

体内の血以外の各種の正常な体液の総称で、胃液やリンパ液から唾液、涙、汗、尿なども含みます。津液には大量の水分と栄養物質が含まれており、身体の各組織器官を滋養潤滑し保護します。また、血の成分であり、人体の陰陽を調節し、老廃物の排泄などの作用があります。