薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




夏の季節は身体も熱くなり、一年の中で最も新陳代謝が旺盛な時期です。心は五行の火に属し、「火臓」ともいわれます。心と小腸は経絡で結ばれ表裏関係になります。心の働きを心気、小腸の働きを小腸気といいます。



 心の主な生理機能

血脈を主る 血の生成 脾の働きにより作られた水穀精微は営気と津液に生成され、さらに心火の作用によって血が生成されます。

  血流を主る 心気により血は血管の中を流れ血量の充実と血管の状態を保つ働きをします。

  脈管の動きを主る 心気により全身の血脈の状態を良好に保ち、全身に栄養物質と潤いを与える働きをします。

神志を主る

神とは顔色・視線・言語・反応・姿勢や動きなど体表に現れる生命活動の状態を指します。
  神志とは精神・意識・思惟活動を指します。心は体外の刺激を受け入れ、心理・意識・思惟活動に反応する臓として五臓六腑を統率します。


 心と五行との照応関係


人体と心の関係 自然界と心の関係
五行 特徴 五臓 五腑 五竅 五体 五華 五液 五志 五季 五気 五色 五味
陽熱
炎上
小腸 顔面

五竅は舌 「舌は心の苗」といわれ、舌から心の機能が正常か否かを判断できます。

五体は脈 脈管は血液の流れる通路で、血流の方向をコントロールし、また血液が脈管の中をたえず循環する働きを促進します。

五華は顔 心機能が良く保たれていると、血流が豊かで顔色もよく、明るい表情が現れ、顔色から心の機能を判断します。

五液は汗 汗・津液・血は互いにつながっていて「血汗同源」といわれます。

五志は喜 喜ぶことはよい感情で心の機能をよくしてくれます。


 心の生理機能の失調

血脈を主る作用の失調では、心気が不足して血行障害が生じ、胸のあたりの症状や冷え症・動悸・息切れ・胸痛・不整脈・貧血・手足の冷えなどの症状が現れます。
精神・意識・思惟活動の異常は、心の機能失調と考えられ、不眠・多夢・気持ちが落ち着かない・うわ言などの状態になることもあります。
            

 小腸の生理機能

受盛化物の機能 小腸の主な機能は、胃から送られてくる食べ物を小腸に停留し、さらに消化吸収して人体に利用できる栄養物質に変える働きをします。

分別清濁の機能 清は精微物質(栄養物質)と津液(水分)、濁は糟粕(食物残渣)と水を意味します。清は脾の働きにより全身に運ばれ、濁は大腸に運ばれます。


 心の働きをよくする薬膳

心の働きを良くするためには、まず、血液の量を増やし、血液循環を良くすることと、精神・意識活動を安定させることが重要です。心の働きは多方面にわたっているので、それぞれに合わせて薬膳を考えます。

心の働きをよくする食材と中薬
作 用 食      材 中      薬
養血活血 養血:小麦、豚ハツ、レバー、ほうれん草、人参、落花生、鶏卵
活血:くわい、小豆、桃、酒
西洋人参、朝鮮人参、竜眼肉、当帰、熟地黄、桃仁、真珠粉、百合、真珠粉
養心安神 蓮の実、百合の根、棗、牛乳、卵
参考 ① 養血活血血を養い、血流を改善する。
   ② 養心安神血を養い、心を補うことで、精神不安を改善する。