薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




概  念
 :

長期間にわたり精神的な緊張や不安など情緒の抑鬱状態が続き、気の巡りが滞ってしまう体質です。気は身体を構成する最も重要な基本的な物質であり、常に気機(気の運動)が全身の生命活動を維持しています。ストレスの影響によって気鬱(滞)の状態が長期間続くと臓腑、血、津液の生理機能に影響を与え病的な症状を引き起こします。

原  因 : 気鬱(滞)体質、憂・思・鬱・怒などの情志の失調、飲食の不摂生、外邪・寒邪による影響、痰湿・瘀血による経絡の渋滞など。

症  状 : 暗いまたは黄色、イライラ、怒り易い、口苦い、ため息、鬱状態、情緒不安定、不眠、胸脇部脹満感と脹痛、胃脘部が痞える、げっぷ、食欲不振、生理不順、便秘、下痢、舌質紅

気鬱(滞)体質の分析  密接に関連する主な臓腑は「肝」「脾」「胃」です。






症状分析







薬膳処方(対策)
情緒を調節する肝の気が停滞すると疏泄機能が失調し気鬱症状がでる
①肝気が停滞し疏泄機能が失調➡ため息、怒り易い、不安、眠り浅い、胸や
 喉の痞え、腹脹など
②水液代謝の失調により水湿の停滞で痰が生じ➡異物感(梅核気)
③肝鬱により大腸に送る気が停滞➡便秘
④肝気鬱結で乳房の周辺の肝の経絡の滞り➡生理前の乳房の脹りと痛み
⑤気鬱により血流の滞り➡生理不順、生理痛

疏肝解鬱 行気止痛





症状分析



薬膳処方(対策)
肝気鬱結により、脾気の昇清作用が失調し運化機能が低下する症状がでる
①脾気が大腸へ下る➡腹部の脹れや痛み、下痢し易くなる


疏肝理気健脾





症状分析



薬膳処方(対策)
肝気鬱結で胃気の通降をする働きを調節する機能が低下し症状が現れる
①肝気鬱結により、胃気の通降をする働きを調節する機能が低下する➡ 胃気が
 上逆、吐き気、嘔吐、げっぷ、しゃっくりなど

疏肝理気和胃




気鬱体質の薬膳の基本  行気疏肝解鬱(気の巡りをよくし、肝の働きをよくする)

薬膳の処方(対策)
薬膳処方 薬膳に使用される食材 中 薬
理気類 気の巡りをよくし鬱状態を改善する。香りのよいものを使う 玉ねぎ、らっきょう、ジャスミン、そば、えんどう豆、柑橘類 薤白、陳皮、玫瑰花、刀豆、柿蔕、枳実
理気類
+消食類
消化を助ける。げっぷや
しゃっくりがある
大根、蕪、くらげ、鶏内金、大麦、おこげ、山楂子 山楂、麦芽、穀芽、莱菔子、神曲、鶏内金
理気類
+安神類
精神の安定を図る。不安感や不眠の症状がある 小麦、はす実、百合根、棗、竜眼、鶏卵、鶉卵、牡蠣、蜂蜜 酸棗仁、柏子仁、夜交藤、合歓花、五味子
辛温解表 体を温め、気の流れをよくする効果がある 生姜、葱白、紫蘇、香菜 桂枝、紫蘇、生姜、葱白、芫荽、香薷
理気類
+健脾類
脾の働きをよくする。肝の不調の影響から脾の働きを助ける うるち米、はと麦、芋類、豆類、
南瓜、人参、棗、貝柱
黄精、蓮子、山薬、大棗、白扁豆、茯苓
要 点:温性・辛味・苦味の食材や中薬がよい、肝・脾・肺を重点的にみる。
    香り野菜を料理に、柑橘類・ジャスミン・菊花・カモミールなどのお茶を飲む習慣を。
注意点:イライラ怒りっぽい人は激辛や香辛料など熱性のものは控える。
    ガスやげっぷの多い人はいも類、豆類は控える。濃い味、消化しにくいものは控える。