薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




中国の揚子江から日本にかけて、6~7月頃降り続く長雨を梅雨といい、多湿の時期になります。ところが、黄河流域では、夏の終わりから初秋の大暑、立秋、処暑、白露の4つの節気間を一番雨の降る時期で長夏と呼びます。梅雨と長夏は約1か月ずれているので薬膳の対応には少し違いがあります。


 梅雨と陰陽五行の関係

陰陽学説では、日本の梅雨は6月頃からで季節的には夏で陽に属します。自然界は陽盛の時期「陰消陽長」ですが、陰の雨が多い点で「陽長陰不衰」が梅雨時期の特徴になります。従って私たちの身体も自然界の影響を受けて温かくなりますが、同時に冷えもあるので注意が必要になります。

五行学説では梅雨は「土」に属し、雨水は土を潤して農作物が豊かに育つ「生養」の季節です。

五気は湿に通じ、長雨で外湿が強くなるので脾胃の陽気を痛め消化機能の低下が見られます。

五臓では「脾」に属し、脾の機能が活発になります。

陰陽 五行 五気 六淫 五味 五色 五臓 五腑 五竅 五体 五液 五華 五志
陽長陰不衰 湿 湿邪


 梅雨によく見られる症状

梅雨の外因邪気は湿邪(梅雨の主気は湿。湿が非常に強く、人体の適応力を超えたりまたは人体自身の抵抗力が低下すると病気の原因となる)で、陽気を傷つけ、気の流れを阻害して頭痛、めまい、胸のつかえ、腹部脹満、食欲不振などの症状を起こします。

湿が関節、筋肉に影響を与えると関節痛、腰痛などが現れます。

脾は湿を嫌うため機能低下による、食欲不振、胃もたれ、疲れやすさなどの症状が現れ、浮腫や下痢なども見られます。


 梅雨の養生

梅雨は大地を潤し、植物を生長させる季節です。「天人合一」の考え方からすると、体内に気を補い健康で過ごすことが大切です。蒸し暑さで、冷たいもの、生もの、酒などの摂りすぎ、「甘温助湿」の言葉にあるとおり、甘すぎるもの、油っぽいものを控え、余分な湿が溜まらないようにして脾を養います。風通しのよい住環境、精神的に思い悩むことを控え、楽しむことを心がけるようにしましょう。


 梅雨の薬膳ポイント

薬膳対策 食 物 中 薬
① 脾胃の臓器を強め
  機能を調節する
補益健脾類:脾胃の気を補い、消化吸収を促進する働き 穀類、芋類、豆類、椎茸、南瓜、トマト、棗、貝柱 黄耆、白朮、党参、山楂子、扁豆
② 寒湿は辛温の食薬
  で湿を発汗する
辛温発散類:寒湿は辛味、温性で発汗により湿を取り除く 生姜、葱、紫蘇、香菜、茗荷、三つ葉 桂枝、紫蘇、生姜、葱白、芫荽
③ 温性で香りがある
  食薬で湿を乾燥
芳香化湿類:気の巡りをよくし、食欲を増進し、湿を除く。 香菜、グリンピース、みかん、山椒、ジャスミン 菖蒲、草果、藿香、佩蘭、砂仁
④ 浮腫・下痢など、
  利尿で湿を排泄
利尿滲湿類:利尿作用により、体内の余分な水湿を排泄する はと麦、冬瓜、金針菜、小豆、豆類、あさり、昆布 茯苓、車前子、冬瓜皮、玉米鬚