薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




夏は立夏から立秋までの3か月間をいいます。立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑までの6つの節気があります。陽気が盛んとなり自然界は暑くなり、その影響を受け身体も熱くなり、汗が出て熱を発散させます。食べ物は涼・寒性のもの、味は苦・鹹・酸味を摂り、心の機能をよくすることが大切です。


 夏と陰陽五行の関係

陰陽学説では自然界は「陽気旺盛」となり、一年中で最も日差しが強く一番熱い季節です。私たちの身体も自然界と同様に陽気が一番旺盛な時期になるため、保養することが大切です。

五行では夏は「火」に属し、炎熱、上昇し、発散する性質により、熱や汗が出やすくなり、冷たいものを欲しがる、多飲、渇きなどが見られます。

五気は暑、暑熱が強すぎると体に暑邪が侵入し、気と津液を消耗します。「気随津脱」によってだるい、息切れなどの症状が起ります。

五臓では「心」に属し、夏は心の機能が活発になります。


陰陽 五行 五気 六淫 五味 五色 五臓 五腑 五竅 五体 五液 五華 五志
陽気旺盛 暑邪 小腸


 夏によく見られる症状

夏の外因邪気は暑邪(夏の主気は暑。暑が非常に強く、人体の適応力を超えたりまたは人体自身の抵抗力が低下すると病気の原因となる)で、発熱、多汗、のどの渇き、息切れ、夏バテ、熱射病、日射病などの症状を引き起こします。

高温多湿により、暑邪が湿邪を伴いやすくなり、脾の不調から食欲不振、疲れ、無気力、四肢のだるさ、吐き気、下痢などの症状が見られます。

夏は心の働きが旺盛になり、顔が赤い、身体が熱い、汗が多い、津液不足から血流に影響します。心の機能異常による精神・情緒の不安定、動悸、不眠、イライラなどの症状が現れます。


 夏の養生

季節に調和して過ごすのが基本です。「黄帝内経」(2,000年前中医学の経典)には、夏の養生として「夜は遅く寝て、朝は早く起きる。日の長さや暑さを嫌がらず物事に怒らずに気持ちよく過ごすべきである」と書かれています。「天人合一」自然界は深緑の季節、人間にとっても気力や活力を蓄える大切な季節です。「冬病夏治」冬の病気は夏に治す。気管支炎、喘息、リウマチなどは夏が治療効果が高い季節です。体内の陽気を適度に発散させ、怒りを抑えて楽しい気持ちで過ごしましょう。辛味で温性のものは摂り過ぎないようにします。


 夏の薬膳のポイント

薬膳対策 食 物 中 薬
① 暑さによる心の
  機能失調を防ぐ
清熱解暑類:熱を取り除き、心の生理機能を正常化する そば、小麦粉、苦瓜、胡瓜、緑茶、緑豆、豚肉、かに 薄荷、菊花、葛根、芦根、荷葉
② 暑さで津液と気を
  消耗、夏バテ防止
生津止渇類:体液を補充し、のどの渇きを止め体調を回復 豆腐、とまと、白きくらげ、西瓜、レモン、牛乳 烏梅、玉竹、麦門冬、五味子、葛根
③ 高温多湿から
  消化器の機能を守る
芳香化湿類:気の巡りをよくし、食欲を増進し、湿を除く 香菜、グリンピース、みかん、山椒、ジャスミン 菖蒲、草果、藿香、佩蘭、砂仁
④ 暑さからの不眠や
  情緒不安を解消
養心安神類:精神不安、イライラ、不眠などに効果がある 小麦、蓮の実、百合根、鶏卵、なつめ、蜂蜜、牛乳 酸棗仁、柏子仁、
夜交藤、合歓花