薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




春は立春から立夏までの3か月間をいいます。立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨までの6つの節気があります。陽気は上昇し自然界はだんだん温かくなり、身体も冬の寒さから解放され温められます。食べ物は早春は温・平性のもの、味は辛・甘味・適度の酸味を摂り、肝の機能をよくすることが大切です。


 春と陰陽五行の関係

陰陽学説では、自然界は「陰消陽長」となり、陰気が弱くなり陽気がだんだん強くなります。日照時間が長くなり、夜が短くなります。冬の寒い気候から春に向かって温かくなり草木は芽吹き、新緑になって美しい花が咲き、動物たちも冬眠から覚めて活動を始め生命力に満ち溢れる季節です。
私たちの身体は自然界の春の温かい風の影響を受け筋肉も緩み伸びやかになります。陽気が強くなると心身ともに充実してきます。

五行学説では春は「木」に属し、万物が成長する季節です。

五気は「風」に通じ、春一番とともに温かさを運んでくれます。

五臓では「肝」に属し、肝の機能が活発になります。

陰陽 五行 五気 六淫 五味 五色 五臓 五腑 五竅 五体 五液 五華 五志
陰消陽長 風邪


 春によく見られる症状

春の外因邪気は風邪(春の主気は風。風が非常に強く、人体の適応力を超えたりまたは人体自身の抵抗力が低下すると病気の原因となる)で、頭痛、めまい、目の充血、鼻づまり、のどの痛みなどの症状を起こします。


肝の機能異常による不眠、うつ状態、イライラ、怒りなど。陽気が上昇しやすい人は暑がり、のぼせ、興奮しやすいなどが見られます。

肝の影響による脾の機能低下から食欲不振、疲れ、無気力などの症状が現れます。


 春の養生

春は自然界のすべてが伸びやかに成長する季節です。「天人合一」体内の気も伸びやかにすることが必要です。精神的にゆったり、のんびり、リラックスして緊張をほぐし、怒りを控え、楽しい気分で過ごすよう心がけましょう。


 春の薬膳のポイント
      
※辛味で温熱性の食べ物は摂り過ぎない
薬膳対策 食 物 中 薬
① 肝の臓器を強め、
  機能を調節する。
補血・滋陰類:滋養強壮、全身の栄養状態、神経機能を改善 補血:ほうれん草、人参、レバー、いか、
滋陰:豚肉、卵、胡麻 
竜眼肉、枸杞子、
百合、麦門冬
② 自律神経の調和と
  安定
平肝清熱類:肝の熱を取り除き、興奮状態を緩和する セロリ、たらの芽、せり、菜の花、明日葉、はぶ茶 菊花、決明子、天麻、珍珠、牡蠣
③ ストレスを発散
  させ、肝を守る
理気解鬱類:気の流れを改善し、うつ状態をよくする そば、らっきょう、みかん、ジャスミン、バラ花 陳皮、枳実、薤白、玫瑰花
④ 風邪・花粉症の
  予防と治療
解表類:発汗・解熱の働き、
寒気、頭痛、疼痛などに効果
紫蘇、葱白、生姜、茗荷、
香菜、菊花、薄荷、葛根
桂枝、紫蘇、生姜、薄荷、桑葉
⑤ 脾の機能低下の
  食欲不振を改善
健脾消食類:脾胃の働きを増強し、消化を促進する とうもろこし、はと麦、
山芋、トマト、大根
棗、茯苓、蓮子、
山楂子、薏苡仁