薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




秋は立秋から立冬までの3か月間をいいます。立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降までの6つの節気があります。陰が長くなり陽が減り、徐々に涼しくなり、乾燥してくるので、皮膚の乾燥予防が必要になります。食べ物は涼・平・温性のもの、味は苦・甘・酸味・適度の辛味を摂り、肺の機能をよくすることが大切です。


 秋と陰陽五行の関係

陰陽学説では自然界は夏の陽盛から陽気は徐々に減り陰気が少しずつ増加してきます。「陽消陰長」の時期となり、秋の日差しが短くなり気温も下がり、草木は紅葉し実を結びます。私たちの身体も「陽消陰長」に変わります。夏の暑さで弱った体を癒し体力を整え、厳しい冬を越す準備期間となります。

五行学説で、秋は「金」に属し、農作物の収穫の季節になります。

五気は「燥」に通じ、秋になると気候が涼しくなり、空気は乾燥してきます。初秋は夏の暑熱がまだ残っているので「温燥」、晩秋になると冬の寒気が加わり「涼燥」となります。

五臓では「肺」に属し、秋は肺の機能が活発になります。
          
陰陽 五行 五気 六淫 五味 五色 五臓 五腑 五竅 五体 五液 五華 五志
陽消陰長 燥邪 大腸


 秋によく見られる症状

秋の外因邪気は燥邪(秋の主気は燥。燥が非常に強く、人体の適応力を超えたりまたは人体自身の抵抗力が低下すると病気の原因となる)で、津液が消耗されて口、鼻、のど、皮膚、髪の乾燥や便秘などが現れます。

肺は「喜潤悪燥」の特徴があり、燥邪が肺を犯すと呼吸器系のトラブルが発生し、空咳、喘息などの症状が見られます。


 秋の養生

暑い夏から徐々に陽が消え、代わりに陰が強くなり、爽やかな秋の季節が訪れると、大地は黄金色に変わり、実りを収穫する時期を迎えます。「天人相応」秋は、私たちにとっても実となる季節、いろんなことに興味をもち集中力をもって、読書や芸術鑑賞、スポーツにグルメと充実した楽しい日々を過ごしましょう。一年で一番よい季節にこそ「未病先防」免疫力を必要とする厳しい冬に備えることが大切です。秋の乾燥は肺を傷めやすいので、肺気を整え、潤肺する必要があります。
早寝早起きの習慣をつけ、悲しみの感情に流されず、愉快な気持ちで過ごすように心がけましょう。香辛料(辛味・温熱性)は少量にして、苦寒のものは熱性がない限り控えます。



 秋の薬膳のポイント

薬膳対策 食 物 中 薬
初秋は残暑と燥で温燥、晩秋は寒気と燥で涼燥から肺の乾燥と津液不足で空咳、のど、皮膚の乾燥と痒の症状 温燥:涼性、甘味・苦味の食薬
滋陰潤燥:清熱して肺を潤す
蓮根、胡瓜、トマト、銀耳、牛乳、豆腐、貝類 西洋参、玉竹、百合、麦門冬、沙仁
涼燥:温性、辛味・酸味の食薬
滋陰温肺:温めて肺を潤す
もち米、くるみ、黒胡麻、蜂蜜、ねぎ、生姜 朝鮮人参、五味子、杏仁
滋陰潤肺:陰液を滋養し、肺を潤し、乾燥を防ぐ 山芋、松の実、竜眼肉、貝類、かに、鶏卵、豚肉 石斛、天門冬、黄精、枸杞子
津液不足を解消のため脾胃の強化 益胃生津:胃を補益し、津液を生じさせ、津液を補充する 米、きゃべつ、じゃが芋、椎茸、鶏肉、牛肉、桃 扁豆、大棗、党参、山薬、甘草