薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




概  念
 :

気虚体質とは、気の作用が不足するもので、主に臓腑の機能低下、抵抗力の減退(免疫機能の低下)など虚弱症状が現れます。黄帝内経には「人体内の陽気は天空に太陽があるようなもので、もし太陽に異常が起こると天と地は混沌となって不明になる。同じように、人体の陽気が正常でなくなると寿命は早く終えてしまう。」と記載され、気の重要性を強調しています。

原  因 : 先天性の虚弱、疲労、病後、産後、栄養不足、運動不足、ストレス、老衰など。

症  状 : 顔色が白っぽい、痩せるより太り気味が多い、無気力、汗かき、動くと息切れ、味覚が鈍い、消化不良、腹脹、浮腫む、手足がだるい、唇に艶が無い、軟便、下痢、頻尿、夜尿、生理量が多い、色が薄い、風邪を引きやすい、脱腸し易い、舌淡白、舌体胖大、舌辺歯痕、苔白、脈虚・緩など。

気虚体質の分析 密接に関連する主な臓腑は「肺」「心」「脾」「腎」です。






症状分析




薬膳処方(対策)
肺気の虚弱が主な原因となり咳、喘息、痰の症状が現れる体質
①肺気虚弱により、全身の気と呼吸を主る機能が低下➡ときどき咳、息切れ、
 無気力の症状が出る
②衛気が不足➡汗をかきやすい、かぜを引きやすい、顔色が淡白となる

補肺益気





症状分析




薬膳処方(対策)
心気の虚弱が主な原因で心悸、自汗、顔色が蒼白などの症状が現れる体質
①心気虚弱により、血液を循環させる力が低下➡心悸、胸が苦しい、息切れ、
 不正脈が現れる。
②心を滋養しなくなり心血不足➡顔色が蒼白になる

補気養血





症状分析







薬膳処方(対策)
脾気の虚弱が主な原因で食欲不振、疲れ、出血などの症状が現れる体質
①脾気虚弱により、水穀と水湿を運化する機能が低下➡食欲がない、腹部の
 脹満感、食後悪化するなどの症状
②水湿が四肢に溢れる➡四肢の無力感、浮腫み。水湿が大腸に流れ込む➡
 下痢しやすい
③水穀の精微の生成不足➡疲れやすい、めまい、やせる症状が現れる
④統血作用の低下➡あざになり易い、月経不順などが現れやすい

益気健脾





症状分析







薬膳処方(対策)
腎気の虚弱が主な原因で息切れ、尿漏れ、むくみなどの症状が現れる体質
①腎気虚により気の固摂機能が低下➡尿漏れ、頻尿、遺尿、夜尿、帯下が多い
 などの症状になり易い
②吸気を収める働きが低下➡息切れなどになる
③腰は腎の府であるため➡足腰が怠くなる
④腎気虚によって気血が身体や耳を滋養できなくなる➡体の成長が遅い、髪の
 毛が切れたり、抜け毛、白髪、記憶力や集中力の低下がみられる

補腎益気
※帰経に従って、それぞれの経に入る食材・中薬を先に選ぶようにする。ない場合は補気の食材・中薬を使う。




気虚体質の薬膳の基本 補気(気を補い、臓腑の働きを高める)

薬膳処方(対策)

薬膳処方 薬膳に使用する食材 中  薬
補 気
(益気補虚)
米、山芋、じゃが芋、南瓜、椎茸、茸類、人参、ブロッコリー、豆腐、いんげん、大豆、鶏肉、牛肉、鰻、太刀魚、青魚、うずら卵、蜂蜜 [益気補脾・補益肺腎]
朝鮮人参、党参、黄耆、太子参、白朮、扁豆、甘草、山薬、大棗、飴糖、蜂蜜
健 脾 山芋、南瓜、棗、白きくらげ、りんご、貝柱、
補 血 黒胡麻、ほうれん草、人参、牛豚鶏レバー
理 気 かんきつ類、そば、にら、刀豆、ジャスミン
要 点:温性、平性、甘味、辛味の食材や中薬がよい。理気のものを加えると補気効果が高まる。
    辛味は発散作用が強くなるので、水太り、虚弱の浮腫みによい。酸味は収斂作用が強くなるので、
    止血、止汗、止尿によい。肺、心、脾、腎を重点的に補う。加熱調理する。 
注意点:苦味、寒性のものは避ける。冷たいもの、生もの、油っぽいもの、甘いものを取り過ぎない。
    刺激の強い食材(唐辛子、わさびなど)は控える。