薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




気の失調とは、気の生成不足や激しい消耗によって気が不足したり、気の機能が減退したり、気の運動に異常が発生したりしたものです。気の不足や機能減退は気虚であり、気機の失調は昇降出入する気の運動が異常になり、気滞・気逆・気陥などの病理変化が起きたものです。






気虚とは元気を消耗して気の機能が衰え、臓腑機能も衰退して、病気に対する抵抗力が低下した病理状態をいいます。




 気虚証の原因

先天の精気不足。
飲食の失調により、水穀の精微が十分摂取できない。(後天失養)
肺・脾・腎の機能失調、過労、慢性の病気、老化による気の生成不足あるいは過度の消耗などがあります。

 気虚証の症状とその分析

目眩、呼吸微弱、無気力、疲労倦怠、精神的な疲れ、自汗、活動時に症状が加速する、風邪を引きやすい、発熱、舌淡、苔白、脈虚(無力)

<症状の分析>
気虚により頭目が滋養されない ➡ 目眩
気虚による臓腑の機能衰退 ➡ 呼吸微弱、無気力、疲労倦怠
気虚により体表を守る衛気が不足するため腠理が緩んで汗が出る ➡ 自汗
活動時に症状が悪化する ➡ 動くと気が消耗する
気虚により舌が血の滋養を受けられない ➡ 舌白、舌淡

 気虚証の薬膳対策と中薬と食材

補気:気を補う。主に脾気、肺気を補益します。
補気の食薬

薬膳処方 食  薬 方  剤
補 気 補気類 食 材 長米、大豆・豆腐、芋類、南瓜、干し椎茸、栗、鶏肉、豚の胃、牛肉、いか、貝柱、海老、太刀魚、鰻、鰯、牛乳、鶏卵 四逆散(しぎゃくさん)
炙甘草・炙枳実・柴胡・芍薬
中 薬 人参、山薬、黄耆、党参、扁豆、大棗、蜂蜜、太子参、白朮

▲TOP




気滯とは、気機(気の流れ)が停滞してスムーズに流れないことです。感情の鬱積、痰、湿、食積(胃のもたれ)、瘀血などが詰り、気の流れに影響して局部や全身の気機が順調に流れなかったり滞ったりし、それが臓腑や経絡を傷害するものです。


 気滞証の原因

外邪、寒邪の侵入。
飲食の不摂生。
憂・思・鬱・怒などの情志失調。ストレス、長期間の緊張不安、肝と関係が深い。
気虚、外傷、過労など

 気滞証の症状とその分析

ため息、うつ状態、精神不安、緊張感、食欲不振、胸悶、脇・少腹部の膨満感、腹脹、生理前の乳房が脹れる感じ、生理不順、舌質淡、舌苔白、脈弦

<症状の分析>
気機が詰まる ➡ 脹れる感じ(酷くなると痛みが出る)、食欲不振
肝の疏泄の失調により情緒の調節が不調になる ➡ ため息、うつ状態、精神不安、緊張感
気滞により衝脈(経絡)の流れが阻滞 ➡ 生理不順

 気滞証の薬膳対策と中薬と食材

疏肝理気:肝の疏泄作用を順調にして鬱を解消し、気の巡りをよくする。
疏肝理気の食薬

薬膳処方 食  薬 方  剤
疏肝理気 理気類 食 材 落花生、そば、春菊、らっきょう、大根、玉ねぎ、刀豆、えんどう豆、そば、ジャスミン、みかん、ゆず、バラの花 四君子湯(しくんしとう)人参・白朮・茯苓・甘草
中 薬 薤白、枳殻、陳皮、木香、柿蔕、香附子、玫瑰花

▲TOP




気陥とは、気虚によって気の昇挙作用が低下しておこる病的状態をいいます。気陥はまた脾の機能と密接な関係があります。脾は中焦にあり、脾気は昇を主っています。脾気が気虚になると最も気陥しやすくなります。


 気陥証の原因

気虚の原因に加え、さらに長期にわたる泄瀉(慢性下痢)、出産回数の過多、産後の養生が悪いなどがあります。また気虚の悪化により、気の昇挙の力が不足するため、また固摂作用の低下のために内蔵下垂が起こります。

 気陥証の症状とその分析

目眩、息切れ、疲れ、腹部膨満感・脇あるいは少腹部の重い感じ、慢性下痢、舌淡苔白、脈虚、その他に脱肛、子宮下垂、胃下垂など

<症状分析>
脾気下陥 ➡ 目眩、息切れ、疲れ、腹部膨満感、下痢、脱肛
肝気下陥 ➡ 脇部の重たい感じ
腎気下陥 ➡ 少腹部の重たい感じ、子宮下垂

 気陥証の症状とその分析

益気昇陽:気を補い、陽を上昇させます。
益気昇陽の食薬

薬膳処方 食  薬 方  剤
益気昇陽 補気類
解表類
食 材 粳米、もち米、山芋、じゃが芋、干し椎茸、栗、きゃべつ、鶏肉、牛肉、豚胃袋、うなぎ、なまこ 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
黄耆・白朮・人参・当帰・柴胡・大棗・陳皮・甘草・升麻・乾姜
中 薬 黄耆、白朮、升麻、山薬、大棗

▲TOP




気逆とは、気の昇降運動が異常になり、臓腑の気が逆上する病的状態をいいます。気機の昇降失調は、降気すべきものが降気できなければ気逆が起こります。



 気逆証の原因

外邪の侵入、精神情緒の失調、飲食の不摂生(冷たい物、熱い物のとり過ぎ)、痰飲などにより気機の昇降が失調し、引き起こされる。

 気逆証の症状とその分析

頭痛、目眩、意識不明、倒れる、咳嗽、喘息、しやっくり、げっぷ、吐き気、嘔吐、吐血

<症状分析>
気逆は肺・胃・肝によくみられます。
肺気上逆 ➡ 宣発・粛降作用が失調して肺気が上逆すると、咳嗽、喘息などが現れます。
胃気上逆 ➡ 和降作用が失調して胃気が上逆すると、しやっくり、げっぷ、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。
肝気上逆➡疏泄作用が失調して肝気が上逆すると、昇発が過度になり、いらいらして怒り易い、頭痛、目眩などが現れ、意識不明、倒れる、吐血を起こすこともあります。

 気逆証の薬膳対策と中薬と食材

順気降逆:気の昇降を順調にさせ、上逆した気を降ろします。
順気降逆の食薬

薬膳処方 食  薬 方  剤
順気降逆 理気類
消食類
食 材 そば、大根、カイワレ、らっきょう、えんどう豆、かぶ、レモン、オレンジ、ゆず、ダイダイ、ジャスミン 逍遥散(しょうようさん)
炙甘草・当帰・茯苓・白芍・白朮・柴胡・煨姜・薄荷
中 薬 杏仁、蘇子、砂仁、草果、白豆冠、陳皮、青皮、枳殻

▲TOP