薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




血は脈管中の赤い液状の物質で、人体を構成し、生命を維持する基本物質です。血脈には血が漏れないようにする働きがあるため「血府」とも呼ばれます。
血は心が主り、肝に貯蔵され、脾がこれを統血することによって脈管中を循環し、人体の各臓腑・組織・器官を濡養(栄養)しており、人体にとって不可欠な物質です。





 血の生成

血は飲食物が口から胃に入り、脾で吸収・運化されることによって水穀の精微にし、その中の精気と津液が脈管内にしみ込み、変化して赤色の血に変化します。
腎精から生成されます。精と血は互いに変化する関係「精血同源」といわれます。
津液から生成されます。津液と血は同じ陰に属し、互いに変化することができる関係「津血同源」といわれます。
肺の呼吸により吸い込んだ新鮮な空気と水穀精微が結合して宗気を生成し、宗気が心気を補充し、心気の気化作用により血管内を流れている営気を血に変化させます。

 血の生理機能

① 補養作用 血は全身を循環し、五臓六腑から皮肉筋骨に至るまで全身の組織器官を営養し滋潤する作用があります。また、各機能のバランスを調節しています。
② 養神作用 血は精神意識活動の基本物質です。気血が充足していれば、意識は明晰で精神活動も充実し、反応もすばやく、体の動きも機敏になります。

 血の循行

血の循行は、内臓の共同作用によって正常に保たれています。特に血液の運行は「心」「肺」「脾」「肝」などの内臓の機能と深く関係があります。

① 促進作用 「心は血脈を主る」作用により、心気の推動作用が血液を循環させる原動力になっています。「肺は気を主り、百脈が集まるところ」肺気の作用を受けた後、全身に散布されます。また、「肝の疏泄作用」が血流を促進します。
② 調節作用 「脾気の統血を主る」と「肝の蔵血を主る」働きによって血液循環を調節しています。