薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




概  念
 :

血瘀は臓腑機能の失調、寒邪の侵入、気滞、気虚、外傷などにより引き起こされます。血の流れが緩慢となり停滞する状態で瘀血が生じ、瘀血が詰まると血瘀の状態はさらに悪くなります。
また血流の停滞により気の巡りも悪くなり、気血の循環がスムーズに流れなくなります。血瘀により血が固まった状態を瘀血といい、疼痛、腫塊、皮膚や唇が青紫色、出血などの症状が現れます。

原  因 : 血流を改善するためには各臓腑が正常に機能することが必要です。
気滞、気虚、血寒、血熱、血虚、外傷などの原因により血流が影響され血瘀状態になります。

症  状 : 疼痛:針で刺すような痛み、同じ場所、触るとひどくなり、夜に悪化。
腫塊:固まり、血栓、生理出血の固まり。
紫紺:紫・黒色のこと、皮膚や舌に現れる。
出血:不正出血、皮下や筋肉の出血などの症状。

血瘀体質の分析  密接に関連する臓腑は「心」「肝」「脾」です。






症状分析




薬膳処方(対策)
瘀血により心の血流が阻害されると心が養われなくなり痛み、胸悶、舌が紫紺、瘀班などの症状がみられる
①無理に働かせる➡動悸、胸苦しい、胸が痛いなど、舌は紫暗、瘀点、紫斑が
 現れる

活血化瘀止痛





症状分析



薬膳処方(対策)
血瘀により血を貯蔵する肝の機能が低下し、疏泄機能が不調になる
①血流が悪く瘀血になる➡目の下のくま、しこり、固まり、生理不順、
②瘀血が経絡を塞ぐ➡頭痛、関節の痛み、生理痛など

理気活血




症状分析



薬膳処方(対策)
血瘀により脾の統血の機能が低下し、血流を調整できず瘀血が生じ、また出血し易いなどの症状が現れる
①瘀血が生じる➡痛みや出血など

補気活血化瘀




血瘀体質の薬膳の基本 活血化瘀止痛(血流を改善し、瘀血(血の固まり、血管外に漏れた色の暗い・黒い出血)を取り除き、痛みを和らげる。)

薬膳の処方(対策)
薬膳の処方 薬膳に使用される食材 中 薬
活血化瘀 血流を正常にし、血瘀状態または瘀血を改善する 青梗菜、茄子、蓮根、黒木耳、慈姑、黒大豆、酢、酒 三七、紅花、鬱金、姜黄、桃仁、丹参、川芎、当帰、山楂子
活血化瘀

袪風湿類
筋肉、経絡、筋骨の風湿邪気を取り除き、血脈と経絡
の血流が良くなり活血の効果が高まる
うど、かりん、サクランボ、酒 五加皮、桑枝、桑寄生、独活、木瓜
活血化瘀

補気類
気を補強することによって停滞した血流を改善する 補気類は気虚体質を参照
理気活血 気の運行を調整し、血流を促進し、順調に流れるようにする 理気:玉ねぎ、らっきょう、
そば、えんどう豆、柑橘類
薤白、陳皮、玫瑰花、刀豆、ジャスミン、厚朴
要 点:温性、辛味の食材や中薬がよい。肝・心を重点的にみる気や血の巡りを良くするウコン茶、紅花茶、
    バラ茶、シナモン紅茶などのお茶もよい。
注意点:苦瓜・緑茶・生ものなど体を冷やすものは控える。
    甘味のも、味の濃いもの、動物性脂肪は避ける。