薬膳の基礎知識



概  念
 :


血虚体質とは血の量と質の不足により臓腑組織に営養が行き渡らなくなり虚弱な症状が現れます。血は水穀精微から生成され、営養を豊富に含んでおり、血が循環し各臓腑組織に営養を供給し、臓腑を補養しながら組織を潤し、各生理機能のバランスを調節しています。また、血には養神作用があるため、血が供給されることによって精神を養い安定させることができます。

原  因 : 体質虚弱、飲食の摂取不足による栄養不良、脾胃虚弱による消化吸収作用の低下、慢性病、出血、ストレス、瘀血、過労など

症  状 : 顔色が悪い(蒼白または萎黄)、艶がない、やせ気味、唇や爪の色が薄い、めまい、動悸、不眠、多夢、不安感、心配性、健忘、食欲不振、四肢麻痺、知覚麻痺、髪に艶が無い、白髪、便秘、月経失調(過少月経、周期の遅れ、閉経)舌淡白、目乾燥、目疲れ易い、手足のしびれ、筋肉の痙攣、脈細無力など。

血虚体質の分析  密接に関連する主な臓腑は「心」「肝」です。






症状分析






薬膳処方(対策)
心血虚により心悸、神志を養えず不安や睡眠障害などの症状が現れる体質
①心血が不足して心を養えない➡顔面の滋養不足のために顔色や唇が蒼白、
 心悸といった症状が現れる
②神を養えなくなる➡不眠、多夢がみられる
③脳を滋養できな➡目眩や物忘れが現れる
④女性の場合は血が不足する➡月経不順、無月経などの症状も現れる

養血安神





症状分析






薬膳処方(対策)
肝血虚により目、筋、耳鳴り、めまいなどの症状が現れやすい体質
①肝血が不足して臓腑の営養が不足する➡筋、爪、目を養えず、顔色が蒼白、
 唇や爪が蒼白、視力低下、四肢の痺れなどの症状が現れる
②情緒を不安定にさせる➡眠りが浅い、夢をよく見る
③脳を滋養できない➡めまい、耳鳴りが現れる
④衝脈と任脈の失調➡、月経不順、無月経となる

養血柔肝




血虚体質の基本  養血(血を養う)

薬膳の処方(対策)
薬膳処方 薬膳に使用される食材 中 薬
補 血
(補血養血)
黒米、人参、ほうれん草、落花生、棗、ぶどう、黒きくらげ、牛豚鶏レバー、豚ハツ、豚足、牛肉、豚肉、羊肉、いか、たこ、貝柱、赤貝、マナガツオ [補血益気]
当帰、阿膠、芍薬、竜眼肉、
何首烏、桑椹、熟地黄、大棗
[益気補脾・補益肺腎]
吉林人参、党参、太子参、山薬、黄耆、白朮、扁豆、大棗、
甘草、飴糖、蜂蜜
補 気 米、山芋、南瓜、きゃべつ、カリフラワー、インゲン、椎茸、鶏肉、青魚、太刀魚、貝柱、鶏卵、牛乳
健 脾 あわ、とうもろこし、はと麦、芋類、南瓜、人参、豆腐、蓮の実、白きくらげ、りんご、貝柱、はも
要 点:平性、温性、甘味、鹹味、酸味の食材や中薬がよい。自然の甘味や酸味(棗・ブルーベリー・
    レーズンなど)の食材や黒や赤い色のものが血虚に効くので積極的にとる。
    血の生成と流れに気の働きが必要なので、補気作用のあるものを合わせて使う。
    肝、心、腎を重点的に補う。
注意点:冷たいもの、生もの、油っぽいもの、甘すぎるものは摂り過ぎない。
    苦瓜、冬瓜、セロリ、梨、りんご、西瓜、緑茶、生ものは控える。 
    辛味で熱性のものは摂り過ぎない。生姜、胡椒、芥子、唐辛子など。