薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




腎は、人体の臓腑の陰陽の根本で生命の源である「腎精」を蓄え、成長・発育・生殖に関わるほかに、津液の代謝を調整し、呼気を納めるなどの働きがあります。腎と膀胱は経絡で結ばれて表裏関係にあります。腎の働きを腎気、膀胱の働きを膀胱の気といいます。 


 腎の主な生理機能

蔵精を主り、
生長・発育・
生殖を主る





蔵精を主る精は、両親から受け継いだ「先天の精」と脾胃の水穀精微や五臓六腑から送られてきた「後天の精」があります。後天の精は人体の生理活動に使われ、余ったものは、腎に貯蔵され、先天の精を補充し、互いに依存し助け合う関係にあります。腎精は人体を構成する基本物質であり、人体の発育及び各種の生理機能の基礎になるものです。

腎気から腎陰と腎陽が生まれ、全身の陰と陽の本になっています。腎陰は抑制・滋養・涼潤の働きがあり、腎陽は腎精の身体の生長・発育・生殖能力を促進する働きがあります。

「血液の源は腎にあり」といわれるように、腎精は血液の生成にも関与しています。また、外邪に抵抗し、病気から人体を守る作用があります。

水を主る   体内での水液の貯留・分布・排泄を調節する作用があります。

納気を主る   肺は呼気を主り、腎は納気を主る、吸気は腎に収めるという腎気の働きがあります。


 腎と五行との照応関係


人体と腎の関係 自然界と腎の関係
五行 特徴 五臓 五腑 五竅 五体 五華 五液 五志 五季 五気 五色 五味
寒潤
下行
膀胱

五竅は耳腎精が充実していると耳を滋養し、聴力は鋭敏となります。
五体は骨:腎精から髄を生じ髄によって骨が十分に滋養されると骨格は頑健になります。
五華は髪「髪は血の余り」といわれ、髪は血が豊富で滋養していると艶のある美しい髪で、
     腎精が充実していることを現しています。
五液は唾唾は腎気の変化したものであり、唾を飲み込むと腎中の精気を滋養することができます。
五志は恐恐怖は腎と深く関係します。恐ろしさで失禁したり、白髪になるのは腎を損傷した結果です。


 腎の生理機能の失調

腎の蔵精作用が失調すると、生長発育や生殖能力に影響が及び、発育遅延や不妊症 などの症状が現れます。
腎の気化作用が失調すると、水液代謝障害が引き起こされ浮腫みや排尿困難などの症状が見られます。
腎虚になって腎不納気となると、息切れや呼吸困難などの症状が現れます。


 膀胱の生理機能

貯尿と排尿作用:人体の水液代謝の過程では、水液は肺・脾・腎・三焦の作用によって全身に散布され、各組織・器官に利用され、その後、膀胱に達し尿に変えられます。膀胱の気化作用によって体外排泄されます。


 腎の働きを良くする食材と中薬

腎は水に属し、冬季の臓器で、冷たい環境におかれています。腎の働きである「腎陽」を良くするためには、温めることが必要です。温性・熱性で辛味・甘味の食材や中薬を選択します。
また、各臓器の精力アップをするためには「腎陰」を補います。鹹性・酸性・涼性の食材や中薬で滋養する必要があります。

腎の働きをよくする食材と中薬
作 用 食    材 中    薬
温陽補腎 くるみ、にら、羊肉、鹿肉、鶏肉、海老、なまこ 冬虫夏草、肉蓯蓉、杜仲、韮子、肉桂、小茴香
滋陰補腎 小麦、黒くわい、豆腐、黒胡麻、黒豆、卵、牛乳、豚肉、あわび、貝類 石斛、黄精、枸杞子、桑椹、地黄
参考 ① 温陽補腎:陽気を温め、腎を補う。(腎気虚・腎陽虚に)
   ② 滋陰補腎:腎陰を滋補する。(腎陰虚に)