薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




陰陽学説と五行学説は中医学の基礎となる考え方です。古代中国人が生活の中で自然現象を長期にわたり観察し、宇宙間のすべての変化と関係を解き明かした独特な思考方法であり、古代哲学思想です。
この哲学が中医学の理論体系の形成に多大な影響を与えました。現在でも、この理論を用い病気の診断と治療が行われています。


 陰陽学説とは

世の中に存在するすべてのものは、陰と陽との二つの要素から成り立ち、さらに陰と陽は、互いに対立し、かつ影響しあうものとしています。すべての事象も陰と陽に分けられます。陰は衰退、静止、寒性などの性質があり、陽は亢進、活動、熱性などの性質があります。
人間も陰陽の理論に基づいて性別・年齢・臓腑・組織・機能などすべて陰陽に分けられます。陰陽のバランスがよいと健康状態が良好であるといいます。

陰陽対立表
六腑
五臓


 五行学説とは

自然界に存在するすべての事物は、すべて木(もく)・火(か)・土(ど)・金(こん)・水(すい)という五つの物質の運動と変化によって生成すると考えています。中医学では、この学説を人体の生理、病理、および環境との相互関係について理論的根拠として用いています。また、自然界の現象や人体に関わる性質、作用、形態を木・火・土・金・水という五行に区別し帰属させています。

五行と自然界・人体との関係
自然界   人 体
五色 五味 五気 五季 五行 五臓 五腑 五体 五官 五液 五志
小腸
湿 梅雨
大腸
膀胱