薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




概  念 : 陰虚体質は、臓腑の機能が低下し、津液(体内の水液)、精、血などの陰液不足があります。また陰液不足による内熱と陰虚により陽が亢盛となり、ほてり、のぼせ、のどの渇きなどの熱の症状が現れます。陰虚は気虚、血虚、陽亢、津液不足などと現れることも多くあります。陰虚に対して基本は滋陰ですが、補血、生津作用のあるものも使用することがあります。また内熱の症状を緩和するため寒涼性の性質をもつ清熱類の食薬を用います。

原  因 : 体質の虚弱、血虚(血虚の原因)、津液不足、ストレス、過労、熱性の飲食の過食、薬の服用、脾胃虚弱による消化吸収作用の低下、慢性病、加齢など。

症  状 : 熱感、顔面紅潮、のぼせ、ほてり、午後潮熱、寝付きが悪い、不眠、多夢、五心煩熱(心、両のひら、両足の裏の熱感と焦燥不安の症状)、口渇く、寝汗、痩せ型、膝腰だるい、耳鳴り、目が充血、冷たいものを欲しがる、鼻乾燥、舌質紅、舌苔少・無、便乾燥、尿黄色。

陰虚体質の分析  密接に関連する主な臓腑は「心」「肺」「胃」「肝」「腎」です。






症状分析




薬膳処方(対策)
心血虚、津液不足により心陰虚となり心陰が心陽を制御できず心熱が現れる体質
①心の陰液不足により、陽が強くなる➡五心煩熱、潮熱、寝汗などの症状
②心陰・心血不足により➡精神不安定、寝付きが悪い、夢をよく見る、
 忘れっぽいなどの症状

養陰清熱安神





症状分析




薬膳処方(対策)
肺の津液不足により肺陰虚となり内熱が現れ咳や痰の症状が出やすい体質
①肺の陰液不足により➡気管支の粘液分泌不足、空咳、無・少痰、口渇、
②陰虚により陽亢となり内熱が生じ➡五心煩熱、ほてり、潮熱(午後か夜の
 決まった時間に発熱)、寝汗、かすれ声など

養陰潤肺






症状分析




薬膳処方(対策)
胃の陰液不足により胃が昇降出入の失調となりげっぷなど出やすい体質
①胃液の不足により➡空腹感はあるが食欲はない、胃の軽い痛みなどの症状
②陰虚により胃熱が強い➡胃の経絡にそって歯の痛み、歯茎の出血など
③胃気が上逆し➡げっぷ、しゃっくりが出やすくなる

滋陰清熱益胃





症状分析





薬膳処方(対策)
肝血虚、津液不足により肝陰虚となり陽が亢盛になって肝熱が現れる体質
①肝の陰液不足、血不足により➡目を滋養できず、目のかすみ、ドライアイ、視力
 低下、また、筋を養えず、手足のしびれなどの症状
②肝の経絡の流れも悪くなって脇の下の熱感や痛み、陰虚による五心煩熱、寝汗、
 寝付きが悪いなどの症状

滋陰養血柔肝





症状分析






薬膳処方(対策)
腎陰虚により虚熱が現れ陰液の滋潤作用が低下して生理不順、便秘、不眠などがみられる体質
①腎の陰液不足により➡子供の発育不良、性機能の減退、老化が早まる、
 骨粗しょう症、腰膝の無力などの症状
②精に不足により➡脳を滋養できず、めまい、耳鳴り、忘れっぽい、寝付きが
 悪い、夢をよく見るなど症状

滋陰補腎



陰虚体質の薬膳の基本  滋陰清熱(陰液を滋養し、体内の病的な熱を取り除く)

薬膳の処方(対策)
薬膳処方 薬膳に使用される食材 中 薬

補陰

陰液を滋養する 小松菜、アスパラガス、黒豆、松の実、きくらげ、百合、貝類、いか、鶏卵、牛乳、豚肉、鴨肉 沙参、麦門冬、枸杞子、黄精、玉竹、百合、女貞子、
石斛、鼈甲、桑椹
生津
体液を補充する 豆腐、ゆば、胡瓜、冬瓜、とまと、蓮根、西瓜、梨、柿、みかん、りんご、レモン、牛乳、白砂糖
清熱
病的な熱をとる 緑豆、はと麦、そば、豆腐、セロリ、冬瓜、苦瓜、茄子、胡瓜、西瓜、かに、しじみ、昆布、ピータン 金銀花、百合、生地黄、竹葉、蓮葉、蒲公英、山梔子
補血
造血し栄養する 落花生、人参、ほうれん草、棗、ぶどう、いか、たこ、貝柱、牛肉、豚・鶏レバー、鶏卵、豚足、豚心臓 当帰、何首烏、桑椹、熟地黄、芍薬、竜眼肉、阿膠
補気

健脾
生理機能を促進 米類、芋類、南瓜、インゲン豆、ブロッコリー、椎茸、栗、桃、鶏肉、牛肉、鰹、鰯、鯖、鰻、太刀魚 人参、黄耆、党参、白朮、
棗、山薬、西洋参、甘草
要 点:平・涼・甘味・酸味・鹹味の食材や中薬がよい。肝・心・腎を重点的に補う。
    「甘酸化陰」甘味と酸味は陰液を作る。野菜や果物の自然の甘味や酸味で体を潤す。
注意点:のぼせやほてりがあるときは温性や熱性の食材は避ける。
    冷たい飲み物は過剰に摂らない。常温か温かい飲み物を飲む。