薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




中医学の「脾」は西洋医学でいう脾臓と膵臓を指していますが、その生理機能の範囲は広く、特徴をもった理論があります。脾と胃は消化器系統の主な臓器で、食物から精微物質を吸収して生命活動の源となる気血の生成に関与します。故に脾は「後天の本」といわれます。脾と胃は表裏関係にあります。脾の働きを脾気、胃の働きを胃気といい、脾胃の気を中気といいます。

 脾の主な生理機能

脾は運化を主る 運は運搬、化は消化を意味します。脾は水穀精微の消化・吸収・運搬の機能があります。脾の正常な運化機能を「脾気健運」といい、気・血・津液などの物質が生成され、全身の臓を正常に維持します。 

  水液の運化:脾は水穀精微と同じように水液も全身の各組織に送る働きがあります。

昇清を主る
昇とは脾気が上昇する性質をもつこと、清とは水穀精微のことです。即ち昇清とは水穀精微を吸収し、心・肺・頭へ上昇させ、心気で気血を生成し栄養物質を全身に送ることをいいます。

統血を主る   統血とは、血が脈管内を流れるように導き、血が脈外にあふれ出るのを防ぐ脾の機能を指しています。脾気の血に対する固摂作用によるものです。


 脾と五行の照応関係

  人体と脾の関係 自然界と脾の関係
五行 特徴 五臓 五腑 五竅 五体 五華 五液 五志 五季 五気 五色 五味
生養変化
長夏
梅雨
湿

五竅は口:口は脾と胃の入り口で脾と胃の状況が良い場合は、食欲があり、味も美味しく感じられます。
五体は筋肉:水穀精微は筋肉と四肢を栄養し、筋肉と手足を丈夫にします。
五華は唇:「唇は脾の余り」といわれ、唇は脾胃の運化機能の状態を反映しています。
五液は涎:薄いものは涎、濃いものは唾といいます。涎により口腔を潤し、消化を促進する作用があります。
五志は思:思とは思考・思慮のこと、思慮の行き過ぎは気滞と気結を引き起こし、脾気の運化・昇清作用に
影響します。


 脾の生理機能の失調

運化を主る機能が失調し、「脾失健運」になると、下痢、食欲不振、倦怠感、浮腫などの症状が現れます。
脾気の昇清が失調すると、水穀は正常に運化されず、気血が生成不足となるので無気力、貧血など、他に臓腑や経絡が滋養されず、様々な病変が生じます。
統血作用が失調すると出血しやすく、内出血・血尿などの症状が現れます。


 胃の生理機能

① 水穀の受納・腐熟を主る 飲食物は口から食道を経て胃に受納され、どろどろに腐熟し消化され、その後、下に位置する小腸へ送られます。

② 通降を主る 通降とは通し降ろす作用のこと。飲食物は口から胃へ、小腸・大腸に運ばれ下へ降りていきます。小腸で清(水穀精微)と濁(糟粕)が区別され、さらに濁は大腸に送られるという降濁作用も含まれます。胃は通降作用によって自らの生理機能を調和させています。


 脾胃の働きを良くする薬膳

脾胃の働く環境は、常に湿気が多く、温かく、気の巡りをよくする必要があります。脾胃を補気するために、温性・平性・甘味のある食材や中薬を選択します。また、脾胃の消化機能を促進するため、温性・辛味・酸味・苦味・香りのあるものも選択します。

脾胃の働きをよくする食材と中薬
作 用 食      材 中  薬
補脾益気
健脾
穀類、芋類、豆類、南瓜、人参、茸類、棗、魚介類、肉類、牛乳、卵、米、はと麦、とうもろこし、豆類 朝鮮人参、党参、黄耆、山薬、
扁豆、大棗、茯苓、白朮、黄精
温裏散寒 生姜、ねぎ、羊肉、胡椒、山椒 肉桂、乾姜、丁香、小茴香
健脾消食 大根、牛蒡、かぶ、大蒜、唐辛子 山楂子、神麹、麦芽、穀芽
参 考  ① 補脾益気気を補い脾と胃の虚弱を改善する。
     ② 温裏散寒全身や局部の冷えや寒さを取り除く。
     ③ 健脾消食弱っている脾の働きを高め、消化を促進する。