薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




肺は五臓六腑の中で最も高い位置にある臓器で呼吸により他の臓腑に新鮮な気を送り、全身の気血を調節する働きがあります。肺は秋の清々しい空気のように清潔な状態を好み、デリケートなため「嬌臓」とも呼ばれています。肺と大腸は経絡で結ばれ表裏関係にあります。肺の働きを肺気、大腸の働きを大腸気といいます。


 肺の主な生理機能
         
呼吸と気を主る 「呼吸の気」を主る
肺は呼吸を主る臓器で、大気中の清気を吸い込んで、体内を巡って汚れた濁気を吐き出すという身体の気体交換を行う場所です。「呼」と「吸」は、全身の気の昇降出入に対して重要な調節作用を行っています。

  「一身の気」を主る
肺は気の生成、特に宗気の生成を行います。清気と脾胃の運化機能によって得られた水穀精微とが肺内で結合し、宗気が生成されます。また、全身の気の生成と調節作用があります。

宣発と粛降を主る
宣発と粛降の機能は生理的には、相互に依存し、また相互に制御し合っています。

  宣発とは広く発散し、行き渡らせる意味があります。
宣発作用には、体内の濁気を排出する働きと、脾より送られた水穀精微と津液を全身に送り、皮毛を滋養する働きと、衛気を体表に行き渡らせ、身体を守り、また、皮膚や汗腺の開閉をコントロールし発汗を調節する働きなどがあります。

  粛降とは清粛、清潔、下降の意味があります。
粛降作用には、自然界の清気を吸入する働きと、肺には清気と脾から肺に送られた水穀精微と津液を臓器に送り滋養する働きと、異物を取り除き、肺の清潔な状態を保つ働きなどがあります。

通調水道作用   通とは疏通のこと。調とは調節のこと。水道とは水液を運行・排泄する通路のことを意味します。肺の宣発・粛降機能は、協調して体内における水液の運行と排泄を調節しています。水液は宣発作用により全身に送られ臓器を潤し、その一部は汗となって体外に排泄されます。不必要な水液は粛降作用により膀胱に送られ、尿となり体外に排出されます。

百脈が集合するところ 全身の血脈はみな肺に集まり、肺の呼吸と気を主る働きにより気体交換が行われ、新鮮な気・血は宣発と粛降作用により全身を循環します。


 肺と五行との照応関係


人体と肺の関係 自然界と肺の関係
五行 特徴 五臓 五腑 五竅 五体 五華 五液 五志 五季 五気 五色 五味
清粛
収斂
大腸 皮膚 皮毛

五竅は鼻鼻は呼吸の出入り口であり、臭覚の機能もあります。
五体は皮膚・五華は皮毛:皮膚・汗腺・皮毛は、汗を分泌し、皮膚を潤し、外邪に抵抗する働きが
あります。
五液は涕鼻水は鼻から分泌する粘液で鼻を潤します。
五志は悲肺は悲しみの感情と関わります、悲しみ過ぎは気を消耗します。


 肺の生理機能の失調

気を主り、呼吸を主る機能が失調すると胸が苦しい、咳が出る、喘ぎ、呼吸が苦しくなります。
肺の宣発と粛降の機能が失調すると喘息や咳嗽などの症状が現れます。
通調水道の作用が失調すると浮腫みや排尿困難などの症状がおこります。


 大腸の生理機能

小腸から送られた糟粕から水分を再吸収した残りを糞便に変え、排泄する働きがあります。


 肺の働きをよくする薬膳

肺は乾燥を嫌い潤いを好む臓器です。肺を潤す作用のあるものを摂取するよう心がけます。夏の後半から初秋までは「温燥」の時期で、涼性・平性、甘味・酸味のものを選択します。また、晩秋から立冬までは「涼燥」の時期になり、温性で辛味の食材や中薬を選択します。

肺の働きをよくする食材と中薬
作 用 食     材 中    薬
補気益肺 穀類、山芋、ゆば、人参、肉類、鯖、太刀魚、鰯、鰹、鱈 朝鮮人参、党参、太子参、黄耆、大棗
潤肺降気 百合根、白きくらげ、松の実、鶏卵、白胡麻、梨、柿、蜂蜜 阿膠、麦門冬、沙参、玉竹、黄精、杏仁
参考 ① 補気益肺気を補い、肺の機能を高める。
   ② 潤肺降気:肺の乾燥を潤し、粛降機能を改善する。