薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




「五臓六腑にしみわたる」という言葉がありますが、もともとは中医学でいう体内の臓器のことです。五臓六腑は食物から栄養成分や水分を消化吸収して気・血・津液を生成し、貯蔵する臓器です。現代医学の幾つかの臓器の機能と共通するところも見られますが、根本的に異なる医学であり、臓腑の名称も機能もはっきりと区別して考えます。
五臓は、「肝・心・脾・肺・腎」の五つの臓器をいい、六腑は、「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」の六つの臓器をいいます。


 五臓の種類と働き

肝・心・脾・肺・腎を総称して五臓といいます。五臓間の各種の生理機能は、相互依存・相互制約の関係にあり協調しあいバランスを保っています。また、臓腑・器官・組織・情緒などすべては、それぞれ関連があるという中医学独特の考え方があります。

疏泄を司り、血を貯蔵する働き
気血の流れを円滑にし、消化を促進し、精神状態を調節する働きがあります。また体内を循環してきた血を貯蔵して全身の血量を調節する働きもあります。
血脈・神志を司る働き
血液を体中に循環させ栄養物質と酸素を各臓腑・組織器官に運びます。また、精神、意識活動を管理し、正常な思考活動を行っています。
運化・昇清を司る働き
食物から栄養成分を消化吸収し、肺・心へ上らせ、心と肺で気・血・津液を生成し、全身に送る生理機能があります。
気と宣発・粛降を司る働き
呼吸と全身の気の昇降出入を調節します。また、宣発は気や津液を全身に発散させ、粛降は酸素や栄養を下半身へ運ぶという意味があります。
精を貯蔵し、水を司る働き
精は人体を構成し、各種機能を支える重要な基本物質で、それを腎は蓄えています。腎は生殖、成長発育を促進するだけでなく、血の生成にも関与し、病気に対する抵抗力を向上させる生理機能があります。また、全身の水液代謝のバランスを調節する働きがあります。


 六腑の種類と働き

六腑とは、「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」の臓器をいいます。各臓器の主な機能と流れは次のとおりです。

胆汁は肝で生成され、いったん胆に貯蔵された後、小腸に分泌され、脾胃 で消化作用を助けます。
小腸 胃から送られたものを小腸でさらに消化吸収し、水穀精微(栄養物質)と 糟粕(かす)に分けます。
食物は口から食道を経て、胃に収納され、ここで腐熟し消化されます。
大腸 小腸から送られた糟粕の中から、大腸は余分な水分を再吸収し、糞便を形成し、肛門から排泄します。
膀胱 人体の水液代謝の過程において、水液は肺・脾・腎・三焦の作用によって全身に散布され、各組織・器官に利用され、その後、膀胱から尿として排泄されます。
三焦 全身の気と水液の運行通路です。