薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




中医学では、人体の五臓・六腑・器官・組織・情緒などはそれぞれ相互関係を保ちながら生理活動を行っていると考えている。特に五臓と六腑は、経絡で結ばれ単独で機能するのではなく、密接な関連をもち影響し合いながら生命活動を支えている。これを表裏関係という。また、五臓である肝・心・脾・肺・腎は各々生理系統を形成している。

  五臓の生理系統(五行との照応関係)



「肝」の生理機能
1. 疏泄を主る
  ①気機の調節
  ②脾胃の運化機能の促進
  ③胆汁の分泌、排泄機能
  ④情志の調節
2. 蔵血を主る









「肺」の生理機能
1. 気を司り、呼吸を主る
2. 宣発と粛降を主る
  ①宣発作用
  ②粛降作用
3. 通調作用
4. 百脈をあつめ、治節を主る

「心」の生理機能
1. 血脈を主る
2. 神志を主る(神明)





「脾」の生理機能
1. 運化を主る
  ①水穀の運化
  ②水液の運化
2. 昇清を主る
3. 統血を主る








「腎」の生理機能
1. 蔵精、発育と生殖を主る
  ①蔵精を主る
  ②成長・発育・生殖を主る
  ③腎中の精気、腎陰、
   腎陽の関係
2. 水を主る
3. 納気を主る