薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 


 
             

中医学で見る人体の組織とはたらき

世界で注目を集めている中国伝統医学(中医学)は、長い歴史に裏付けられた医学で、世界の様々な伝統医学の中でも最も理論体系が整理されており、治療や予防を目的とした医学であると認められています。

西洋医学と中医学(東洋医学)の特徴を比較しますと、西洋医学は病名を確定し、その病気を局部的に治療するのが基本で、病名が確定できないときや治療法が見つかっていない場合には、治療が難しく、一方、中医学は病名にこだわらず、症状や全身の状態を総合的に判断して、何らかの治療法を導き出します。また、病院に行くほどでもないが、疲れやすい、風邪を引きやすいなど気になる症状にも、健康回復や体質改善を目指した「治未病」の治療法があり、薬膳は重要な役割を果たしています。

ただ、がんや心臓病などの病気や一刻を争う救急の場合などには、西洋医学の治療の方が有効です。西洋医学と中医学による両方の治療ができる医療システムが構築されることを期待しています。

この章は、「中医薬膳」を学ぶうえで必要な「中医学の基礎理論」から人体の生理機能を中心にまとめたものです。薬膳を学んでいる方、薬膳に関心のある方に少しでもお役に立てればと願っています。