薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




中医学は、病名に関わらず症状や全身の状態を総合的にみて適切な治療法を導きだすことができます。たとえば、病気というほどはっきりした症状が無くても、疲れがとれにくい、風邪をひきやすいなど体質からくる気になる症状についても体質改善の薬膳の方法で病気になる前に治療ができます。これを「治未病」といいます。
病気の発病原因を「病因」といい、飲食の不摂生・過労・ストレス・異常気候などがあります。これらの病因によって、気・血・津液・陰陽・五臓六腑・経絡などのバランスが崩れると病気が発生すると考えられています。 


 気・血・津液の失調による病気

中医学は人体を構成する「気・血・津液」は生命活動を支える重要な基本物質であり、何らかの理由でトラブルが生じると病気を引き起こすと考えています。

の体内での働きは内臓の生理機能や血と津液の循環を促進したり、体温の維持、病邪への抵抗作用などがあります。

「気」のトラブル
種類 トラブル 症  状
気 虚 気の不足、臓腑・組織の機能低下 疲れ・息切れ・眩暈・汗・精神不安
気 滞 気の滞り、ストレスが原因、肝と関連 ため息・精神不安・緊張感・食欲不振
気 逆 気機が逆行、肺気・脾気・肝気に影響 咳嗽・吐気・げっぷ・嘔吐・頭痛・眩暈

は心の働きで全身を循環し、五臓六腑から皮膚筋骨にいたるまで全身の組織・器官に栄養を供給し、滋潤するよう働いています。さらに、精神活動の基本物質になります。

「血」のトラブル
種類 トラブル 症  状
血 虚 血の不足、血の滋養作用が減退 顔色蒼白・眩暈・動悸・不眠・肢体痺れ
血 瘀 血の流れが緩慢になり停滞する 冷えと痛み・脹れ塊・顔色皮膚爪暗い色
血 熱 火熱邪気により血液に熱がこもる 熱感・顔赤い・喉渇く・意識障害・出血

気と血は車の両輪のように密接な相互関係を保ちながら人体の生理機能を支えていますので、一方が乱れると一方にも深刻な影響を与えます。
 
津液は血以外のすべての体液であり、各臓腑組織を滋潤・滋養作用があります。津は薄い液体で皮膚・筋肉に分布し、液は濃い液体で関節・脳・骨髄・臓腑に存在しています。また、汗・鼻水・涙・涎・唾は五液といい体外に現れます。

「津液」のトラブル
種類 トラブル 症  状
津液不足 津液不足により乾燥症状が現れる 喉の渇き・皮膚や髪の毛乾燥・痒み・便秘
津液の代謝障害 肺・脾・肝・腎・三焦などの臓腑機能の失調:津液の停滞・浮腫や痰湿


 邪正盛衰による病気

邪は病気を起す「邪気(病邪)」、正は邪気から体を守る「正気」のことで、正気は弱くないのに邪気が強力な場合を実証、正気自体が弱っていて邪気に抵抗できない場合を虚証といい、2つのタイプに分けられます。
病気の原因には強いストレスや過労、悪い食習慣などにより臓腑機能が低下して発症するものと、邪気が外から侵入して発病するものとがあります。
日本の季節は、春は風、梅雨は湿、夏は暑、秋は燥、冬は寒の特徴がありますが、異常気候などにより体外から害を与えるようになると六淫邪気と呼ばれ、風邪・湿邪・暑邪(熱邪)・燥邪・寒邪は体表から侵入します。

邪気の種類
邪気 季節 五臓 邪気の性質 症 状
六淫邪気 風邪 軽く、上昇発散し、上半身と肝傷つける 熱・頭痛・鼻水・くしゃみ
  暑火邪 炎熱、上昇発散し、気血津液を傷つける 発熱・多汗・喉渇・息切れ
  湿邪 梅雨 気機を悪くし、脾を傷め消化器の異常 食欲不振・下痢・浮腫み
  燥邪 乾燥性をもち、津液を損傷し肺傷つける 口鼻喉皮膚毛の乾燥・便秘
  寒邪 冷え、気血の流れ渋滞、痛、腎傷つける 悪寒・発熱・頭痛・体痛
ストレス 年中 激しい感情(喜・怒・悲・憂・思・恐・驚)が病因に。心・肝・脾に影響
飲食不摂生 年中 暴飲暴食・少食・偏食・飲食不潔・不規則な食生活などが病因になります
過労 年中 肉体的過労は気を消耗し臓器の機能低下、精神的過労は心血消耗し脾機能低下


 陰陽失調による病気

陰陽を人体に当てはめると上半身は陽で下半身が陰、背中は陽で腹が陰、体表は陽で内部が陰、腑は陽で臓が陰、気は陽(陽気)で血津液が陰(陰液)の関係があります。正常な状態での陰陽は相互に影響し合いながら平衡状態を維持しています。しかし、どちらかが増長したり減退すれば平衡状態が乱れて、陰陽失調となり病気を引き起こします。
 
 臓腑の失調による病気

五臓六腑は単独で活動するのではなく、それぞれ相互関係をもちながら働いています。この臓腑中の気や血は生理機能の促進や滋養作用をしており、気血の不足から発症するのが臓腑の失調です。                           
五臓 五臓の失調
疏泄作用の失調は精神・消化・気血運行などに異常、肝血の不足は眩暈・生理減少
心の機能低下は血行障害、心血不足は紳明の栄養不良で不眠・不安感・動悸・物忘
消化吸収を担い気血津液を生成する脾の失調は全身に様々なトラブルを引き起こす
肺機能の失調は咳・息切れなど呼吸系障害他、発汗や皮膚の異常発疹や痒みが出る
腎の失調は泌尿器や生殖器、脳の機能を低下させ、老化を早め健忘・難聴・足腰衰