薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




人間は自然の中で生存しています。自然界の陰陽の変化と体内の各臓腑と組織の間では常に動きながらバランスをとっています。このことを「陰平陽秘」といいます。
この平衡状態が崩れると身体に不調や異常な反応が現れ疾病となります。疾病の発生や進行などは、正気と邪気の戦う過程と考えています。黄帝内経には「正気存内、邪不可」(身体に強壮な正気が存在すれば、邪気は侵入することはできない)と、また「邪之所凑、其気必虚」(邪気が侵入する時は、正気が必ず弱っている)とあり、正気の重要性を述べています。 

※正気とは身体がもっている自然環境の変化に対する調節能力と疾病に対する防衛能力。
 陰陽・気血・臓腑・組織の機能を正常に保つ。
※邪気とはすべての発病の原因で、自然界の風・寒・暑・湿・燥・火の六淫邪気、疫癘邪気などの外因、
 怒・喜・憂・思・悲・恐・驚の七情の内因、飲食の不摂生・過労・外傷・痰飲・瘀血などの不内外因があ
 る。病因ともいう。  




身体に疾病をおこす原因となるものをいいます。中医学でいう病因の範囲は広く気候の異常、疫病の伝染、精神的な刺激、飲食や過労、外傷などがあります。また、臓腑の気血の機能失調によって生じた病理的な異物である痰飲、瘀血、気滞なども発病因子となります。
病気を引き起こす病因(致病因子)は大きく3つに分類します。

病  因 外因(病因が人体の外部にある場合)  … 自然界にある邪気の侵入による
内因(病因が人体の内部にある場合)  … 精神的な素因
不内外因(外因でも内因でもない場合) … 生活的な素因(飲食不節、労逸)
                   … 内生素因(病理産物‥瘀血、痰湿)




疾病の発生や変化および発展の内在的なメカニズムのことをいい、病機は病理ともいいます。疾病は多種多様でしかも変化するものであり、そのメカニズムは複雑です。しかし、中医学における主要病機は「邪正盛衰」「陰陽失調」「気血津液の失調」「五臓六腑と経絡機能の乱れ」としてとらえることができます。