薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




人には喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七つの感情があり、この感情の変化を七情といいます。日々の生活の中で七つの感情を織り交ぜながら暮らしていて、怒る原因があれば怒り、悲しい時には悲しむのは正常な感情活動で発病することはありません。しかし突然強い刺激を受けたり、長期にわたって一定の精神的刺激を受け続けたり、限界を超える強い刺激を受け、生理的に調節し得る許容範囲を超えてしまうと五臓に影響を与え、臓腑・気血・陰陽の機能失調を引き起こし疾病が発生します。このとき七情は疾病となる原因で「内因」といい、「七情内傷」ともいわれます。





人の情志活動と臓腑気血の機能には深い関係があります。臓腑の機能活動は気の温煦と推動作用と血の濡養作用によって行われています。五臓の精気は各種の情志活動の基礎となる物質であるため、過度の情志の刺激は五臓に悪影響を与えます。

 七情は臓腑・気機(気の運動)に影響

七情は体内で生まれた邪気で五臓に直接影響します。なかでも心、肝、脾は損傷されやすい。喜び過ぎは心を、怒は肝を、思・憂は脾を、悲・憂は肺を、驚は心・腎を傷めます。
七情は、気機(気の運動)の運行に影響します。臓腑への気血の昇降出入に異常をひきおこし、疾病を引き起こす原因となります。

七情
五臓 傷肝 傷心 傷脾 傷肺 傷脾・肺 傷腎 傷腎
気機 気上 気緩 気結 気消 気結・気消 気乱 気下

 七情は臓腑の気血が変化して、それがまた感情に影響

七情は臓腑の気血が変化して、それがまた感情に影響します。


血の気が多ければ怒りっぽく、血の気が少ないと臆病になりやすい
肝気が虚すと恐がり、実では怒りっぽい
心気が虚すと悲しがり、実では笑いが止まらない





七情による発病は六淫と異なります。六淫が人体を侵襲するときは、皮膚や口鼻から侵入し、発病した当初は表証が現れます。しかし七情が内傷したときは、相応する内臓に直接影響して臓腑の気機を逆乱させ、気血を失調させて数々の病変を引き起こします。

 七情の症状とその分析

七情 五臓 気機 発病のメカニズム 症状
気上 「怒傷肝」…
怒りすぎると肝の疏泄機能に異常が生じ、肝気が過度に上衝する。血が気に隋って逆行する
怒り易い、顔色赤い、胸脇脹痛、ため息、吐血、下痢、生理不順、生理痛
気緩 「喜傷心」…
喜び過ぎると血脈が弛緩し、心気が緩む、心気を消耗し、精神を一つに集中できなくなる、心神を不安にする
①心悸、発汗、息切れ、不安、集中力低下、無力状態
②緊張、精神不安、不眠、
動悸、頻尿感
気結 「思傷脾」…
思慮が過ぎると脾気・胃気を損傷し固まり、消化機能が低下する
食欲がない、胃もたれ、吐き気、腹脹、不眠、健忘、
下痢
気消 「悲傷肺」「憂傷肺」…
悲・憂が過ぎると、肺気が消耗し、意気消沈、元気がなくなる
無気力、やる気がない、声が低い
気下 「恐傷腎」…
恐怖によって腎気を傷める、腎気不足し恐れやすくなる、気が落ちる
不安、驚きやすい、頻尿感
便の漏れ、性機能の低下
気乱 「驚傷腎」…
驚き過ぎると気が乱れ、腎を傷め、心神を乱す
精神不安、安眠できない、動悸、頻尿感





 情緒の調節に用いる薬膳対策

安神定志 : 精神的な興奮状態、不安定状態を安定させること➡怒りによる気の上昇、驚きによる気の乱れに対する薬膳処方
行気収斂: 乱れた気の巡りをよくし、弛んだ気を収める➡喜びによる気の緩み、悲しみによる元気の消滅、恐れによる気の下降に対する薬膳処方
芳香鎮静: 情緒の緊張を和らげ、精神を安定させる➡憂い・思うによる気の結び、情緒の緊張、不安に対する温性で芳香類の食薬を用いた薬膳処方

 情緒の調節に用いる食材と中薬・方剤

薬膳対策 内因 五臓 気機 食 材 中 薬
安神定志 気上 牡蠣、あわび、いか、帆立 合歓花、夜交藤、柏子仁、真珠粉、石決明、牡蠣
喜・驚 気緩
気乱
芳香鎮静 思・憂 気結 ばら、梅の花、ジャスミン、月季花 玫瑰花、石菖蒲、薄荷、砂仁、白豆蔲、合歓花皮
安神定志
行気収斂
悲・憂 気消 安神定志:上記
らっきょう、みかん、オレンジ、ダイダイ、カボス、梅
安神定志:上記
陳皮、枳殻、木香、薤白、
香附子、五味子
恐・驚 気下
気乱

方  剤 酸棗仁湯(さんそうにんとう) 
酸棗仁・茯苓・知母・川芎・甘草