薬膳の基礎知識 [ 会員専用 ] 




外因とは、身体の外から皮膚、毛孔、鼻、口から身体に侵入する邪気(病邪)のことで、外邪ともいい、これらによって引き起こされる疾病を外感病といいます。外因邪気には「六淫邪気」と「疫癘邪気」があります。
自然界の風・寒・暑・湿・燥・火は正常な状況では六気と呼ばれ六種類の異なった気候の変化を指すものです。六気は万物の生長・発育・成熟には欠かせないものであり、身体に対しては無害です。しかし、六気に過剰、不足、時季外れなどの異常が起こったり、身体の正気不足により抵抗力が低下すると、六気は発病原因になります。このような状況下では、六気を「六淫邪気」といい、風邪、寒邪、暑邪、湿邪、燥邪、火邪に変化します。

<六淫邪気に関するまとめ>
季 節 長夏(梅雨)
六 気 湿
六淫邪気 風邪 暑邪 火邪 湿邪 燥邪 寒邪
五 臓

 六淫邪気の共通する特徴

六淫邪気の多くは季節・時間・居住地・環境と関係があります。例えば春は風邪、夏は暑邪、梅雨は湿邪、秋は燥邪、冬は寒邪で、その邪気により、春は風病、夏は暑病、梅雨は湿病、秋は燥病、冬は寒病が起こりやすくなります。
六淫邪気は皮膚、毛孔、鼻、口など、外から身体内に侵入します。時には数か所から同時に邪を受けることがあります。
六淫邪気は、単独あるいは2種類以上で侵入して病気を引き起こすことがあります。
(例:風寒邪気によるかぜ、暑湿邪気による暑湿証など)
六淫邪気は疾病の進行過程で互いに影響しあい、転化することがあります。
(例:寒邪が裏に入ると熱化することも。 風邪が燥邪に変化など)。







六気の風は春の主気で、五行の木に属し、五臓の肝と関係があります。しかし、風は季節に関わらず年間を通して現れます。外感疾病は風邪によるものが最も多い。また、風邪は他の邪気と一緒に身体に侵入することが多い邪気です。春分は自然界の陰気と陽気が入れ替わる時期で気候が不安定となり、風邪になることが多くなります。

<風邪に関連する事項>
五 行 自然界 人 体
五行 特徴 五季 五気 邪気 五方 五化 五色 五味 五臓 六腑
生長伸展 風邪

 風邪の特徴

 風は陽邪で軽揚開泄(軽く・上昇・発散する)の特徴
 風は善行(病位の不固定、移動する)数変(病症に変化が多く進行が速い)の特徴
③ 風性主動(症状が動揺する、不定である。目眩・震え・痺れ・麻痺・痙攣など)の特徴
 風は百病の長(風は1年中吹いているので、他の邪気といっしょに身体に侵入する)

 風邪の症状とその分析

症  状 分  析
熱・微汗・くしゃみ・鼻水・鼻づまり・
咽喉痒痛・微咳
風邪の侵入により腠理が弛んで体表を巡っている衛気が痛み、肺の呼吸機能が乱れる。
目の充血・目やに・顔面の浮腫・目眩・
のぼせ・頭痛
風邪の軽揚開泄の特徴により、体表・頭面部と上半身に、肝経の症状がよくみられる。
肢体麻痺・痙攣・皮膚掻痒 風邪が皮膚・経絡に侵入すると気血の流れに影響し、肝の筋を司る働きを傷害する。
目眩・頭痛・関節・筋肉の游走的な痛み・麻痺・筋肉がつる 症状の非固定性と悪化しやすいことが特徴である。
春かぜ:風邪・寒邪 発熱・微汗・くしゃみ・鼻水・咽喉の痒みと痛み・微咳・目の充血・目やに・頭痛、舌苔薄黄
夏かぜ:風邪・暑邪  高熱・顔色が赤い・大汗・口や喉の渇く・尿が少ない・舌苔黄
梅雨かぜ:風邪・湿邪 悪寒・身熱不楊・身体の怠さ・頭が重く痛い・胸悶・食欲がない・吐き気・嘔吐・胃のもたれ・腹痛・下痢・舌苔黄膩
秋かぜ:風邪・燥邪 身熱・心煩・皮膚の乾燥・口鼻の乾燥・鼻血・空咳・喉の渇きと痛み・咳嗽・喘息・胸痛・痰少か無痰・舌苔乾燥
冬かぜ:風邪・寒邪 悪寒・悪風・発熱・無汗・頭痛・体が痛い・関節の疼痛・胃痛・下痢・咳・喘息・舌苔薄白

 風邪の薬膳対策・中薬と食材

風邪により引き起こされる疾病の治療には、発汗作用によって体表に侵入する邪気を取り除く方法の「解表法」が用いられます。春から秋にかけては辛味により邪気を発散し、涼性により熱をとる「辛涼解表類」のものを使用します。
風邪はほかの邪気といっしょに侵入することが多く、季節により風熱・風湿・風燥・風寒があり、それぞれに対応した食材や中薬を選択します。

薬膳処方 中  薬 食  材 方  剤
辛涼解表 薄荷・牛蒡子・桑葉・葛根・
菊花、淡豆鼓
菊花・薄荷(ミント)・葛根・
浜納豆
桑菊飲(そうぎくいん) 
桑葉・菊花・薄荷・連翹・
杏仁・桔梗・生甘草・芦根

▲TOP




湿は長夏(日本では梅雨)の主気で、五行の土に属し、五臓の脾に関係します。中国の黄河流域・中原地域では、夏と秋をつなぐ時期を長夏といい、雨がよく降り、湿気が最も盛んな季節になります。また、長江流域又は南部や日本では、約1か月前に雨がよく降る梅雨の時期を迎えます。湿気の多い気候や雨に濡れたり、長い間湿ったところにいると、湿邪が身体に侵入する原因となります。湿邪により脾の運化機能が低下し、体内の水の代謝が悪くなり、浮腫みや下痢などの湿の症状を引き起こします。

<湿邪に関連する事項>
五 行 自然界 人 体
五行 特徴 五季 五気 邪気 五方 五化 五色 五味 五臓 六腑
生養変化 梅雨 湿 湿邪

 湿邪の特徴
① 湿は陰邪で、気機(気の運動)を阻害しやすく、脾胃の陽気を損傷しやすい特徴
② 湿は重濁性がある
③ 粘滞性がある
④ 湿は下降しやすく下部を浸しやすい

 湿邪の症状とその分析

症  状 分  析
胸悶・食欲不振・吐き気・嘔吐・膨満感・排尿困難・下痢・浮腫 湿邪が経絡と臓腑の気機を阻害し、脾胃の陽気を損傷する。
身体や頭が重い・四肢がだるい・関節の疼痛・尿の混濁・目やに・下痢・帯下・湿疹 湿邪の重濁性の特徴により現れる。
身熱不楊・湿疹・排便と排尿の異常(排便後すっきりしない) 粘滞性があり、分泌物は濃厚で粘り気があり、排泄や分泌がスムースに行われない。
下半身の浮腫み・帯下・頻尿・排便がすっきりしない 湿は下降しやすい性質により、身体の下部を浸しやすい。

 湿邪の薬膳対策・中薬と食材

湿邪が体表・筋肉に停留する身熱不楊、頭が重くて痛い症状に対する薬膳対策としては、香りと温性の特徴により湿を乾燥させる作用のある「芳香化湿類」の中薬や食材を用います。
また、湿邪が脾胃に停留する胸悶、食欲がない、吐き気、嘔吐、腸満感などの症状を改善するためには、気の巡りをよくし、湿を乾燥させる働きのある「行気燥湿類」の中薬や食材を選択します。湿邪が脾・腎・大腸・膀胱に停留し引き起こされる、浮腫み・下痢・小便不利・排便後の不快感などの症状には「滲湿利尿類」の中薬や食材を使って利尿作用により湿の排泄をします。

薬膳処方 中  薬 食  材 方  剤
芳香化湿 香薷・藿香・佩蘭・白豆蔲・草豆蔲・砂仁・菖蒲 ねぎ・生姜・紫蘇・みょうが 藿香正気散
(かっこうしょうきさん)
藿香・紫蘇・白芷・大腹皮・茯苓・半夏麯・白朮・陳皮・厚朴・生姜・大棗・甘草・桔梗
行気燥湿 陳皮・枳殻・厚朴・木香・
仏手・玫瑰花・緑萼梅
そば・らっきょう・玉ねぎ・
刀豆・えんどう豆・みかん・
ジャスミン
滲湿利尿 茯苓・薏苡仁・冬瓜皮・
赤小豆・車前子・玉米鬚・
沢瀉
とうもろこし・冬瓜・金針菜・鯉・鮒・はも・大豆・空豆

▲TOP




暑は夏季の主気で、五行の火に属し、五臟の心に関係します。暑邪による発病は立夏、特に夏至から立秋の間に発生します。暑邪は自然界だけに限られ、体内から生じる「内暑」という呼び方はありません。

<暑邪と関連する事項>
五 行 自然界 人 体
五行 特徴 五季 五気 邪気 五方 五化 五色 五味 五臓 六腑
陽熱炎上 暑邪 小腸

 暑邪の特徴


暑は陽邪で、その性質は炎熱・上昇・発散という特徴
陽邪の炎熱で気・血・津液を損傷しやすい
湿邪を伴いやすい侵入することが多い

 暑邪の症状とその分析

症  状 分  析
発熱、顔が赤い、多汗、喉の渇き、濃い色の尿、尿が少ない、舌は赤い 陽邪で炎熱の性質のために高熱が出て、毛穴が開き大量の汗をかきやすい。
息切れ、脱力、夏バテ、熱射病、不眠、多夢、イライラ、怒り、心拍数は多くなる 津液を消耗すると気も一緒に消耗しやすく睡眠や精神、情緒の不安定症状。
突然の昏倒、人事不省、四肢の痙攣 暑邪が心包に侵入。
高温多湿により発熱、疲れ、無気力、四肢怠い、食欲不振、吐気、嘔吐、下痢 湿邪を伴い湿邪の症状も出る。
  

 暑邪の薬膳対策と中薬・食材

暑邪により引き起こされる暑熱による発熱、顔色が赤、多汗、口渇、多飲などの症状に対する薬膳対策としては熱と暑を取り除く作用のある「清熱解暑類」の中薬や食材を使います。
また、多汗で津液を消耗する場合には陰(精・血・津液)を滋養し、体内の水液を生じさせる「補陰生津類」の作用のある中薬や食材を選択します。不眠や情緒不安には「養心安神類」も加えます。

薬膳処方 中  薬 食  材 方  剤
清熱解暑 芦根、淡竹葉、荷葉、山梔子、知母、石膏、夏枯草、決明子、地黄、蒲公英、馬歯莧 粟、小麦、苦瓜、セロリ、せり、胡瓜、マコモ、大豆もやし、西瓜、梨、メロン、茶葉、緑豆 白虎湯(びやっことう) 
石膏・粳米・知母・炙甘草
補陰生津 麦門冬、沙参、石斛、玉竹、黄精、桑椹 ズッキーニ、トマト、冬瓜、豆腐、はす、りんご、キウイフルーツ、マンゴー
養心安神 百合、酸棗仁、柏子仁、夜交藤 鶏卵、牡蠣、百合、蓮実、牛乳、蜂蜜

▲TOP




火邪は熱邪といっしょにされ火熱邪気ともいわれますが、厳密にいうと火と熱は異なるものです。熱邪は外淫のものが多く、風熱・暑熱・湿熱などがあります。火邪は内生の火邪のことであり、心火・肝火・胆火などがあります。また、風・寒・湿・燥などの外邪が長期にわたって体内に鬱していると変化して火となることもあります。これを「五気化火」といいます。また、怒・喜・思・悲・恐などの情緒が過剰になると火を生じることもあり、「五志化火」といわれます。火邪と熱邪は共通した性質と発病の特徴がありますので、一般的には区別しません。
火熱邪気は暑邪と同じく五行の火に属し、五臓の心に通じますが、一年中発生する可能性があります。

 火邪の特徴

火は陽邪で炎上の特徴により心の神志を司る働きを乱す
気と津液を損傷しやすい
生風動血(熱による四肢の痙攣、出血)により肝血を消耗しやすい
癰腫(急性化膿性疾患)、瘡瘍ができ易くなる

 火邪の症状とその分析

症  状 分  析
高熱・悪熱・顔が赤い・多汗・煩躁・不眠・うわ言・脈洪大 火邪の炎上の特徴により、実熱証が現れる。
火邪が神志を乱し、精神的な症状が現れる。
喉が渇き・水を多く飲む・息切れ・脱力・尿少・便秘 津液を消耗し、水分不足の症状と気の消耗の症状がみられる。
四肢の痙攣・麻痺・各種の出血 火邪が津液と血を消耗し、筋脈を滋養できなくなるため、非固定性症状が現れる。血の流れも早くなり、出血しやすくなる。
痒み・癰・瘡・潰瘍 火邪が血に侵入し、血と筋肉を腐蝕するのでニキビ・吹出物など皮膚の化膿症が出る。

 
 火邪の薬膳対策と中薬・食材

火邪により引き起こされた高熱・多汗・煩躁・不眠・四肢の痙攣・各種の出血・皮膚の化膿症などの症状に対する薬膳対策としては、熱をとり除き、火熱により生じた毒を排除する作用のある「清熱瀉火解暑類」の中薬や食材を使います。
また、多汗や高熱で津液を消耗し、津液不足の場合には体内に陰を滋養し、津液を生じさせる「補陰生津類」の作用のある中薬や食材も選択します。

薬膳処方 中  薬 食  材 方  剤
清熱瀉火
解毒
金銀花、連翹、山梔子、板藍根、生地黄、魚腥草、知母、蒲公英、馬歯莧、芦根、淡竹葉、荷葉、石膏、天花粉 粟、白菜、苦瓜、セロリ、せり、きゅうり、トマト、マコモ、西瓜、梨、キウイフルーツ、りんご、茶葉、緑豆、豆腐 清営湯(せいえいとう)
犀角・生地黄・玄参・竹葉心・麦門冬・丹参・黄連・金銀花・連翹
補陰生津 暑邪の薬膳処方に記載

▲TOP



                 
燥は秋の主気で、五行の金に属し、五臓の肺と関係があります。秋は炎熱の夏の時期が過ぎ、陽が徐々に消え陰が次第に強くなり、「陽消陰長」の状態となって爽やかな季節です。秋分の前の初秋は夏熱の余気がまだ残っているので温燥といい、秋分の後の晩秋は冬の寒気が近いので涼燥といいます。乾燥は肺のトラブルを発生しやすく皮膚、鼻、咽喉、気管支に影響を与えます。体内の水分を津液といい、津液により身体を潤しています。津液が不足して身体が乾燥することを内燥といいます。

<燥邪と関連する事項>
五 行 自然界 人 体
五行 特徴 五季 五気 邪気 五方 五化 五色 五味 五臓 六腑
清粛収斂 燥邪 西 大腸

 燥邪の特徴

燥は陽邪で、乾燥性があり、津液を損傷しやい
肺を損傷しやい

 燥邪の症状とその分析

症  状 分  析
口鼻の乾燥・咽喉の疼痛・喉の渇き・髪や皮膚の乾燥・尿少・便秘 燥邪は口鼻から侵入し、津液を消耗し、乾燥の症状が現れる。
咳嗽・少痰或は無痰・痰に血が混じる・喘息・胸痛・鼻血 デリケートな臓(嬌臓)で、潤いを喜び、燥を嫌う特徴がある。燥邪の乾燥性により、津液を消耗し、肺陰を損傷する。

 燥邪の薬膳対策と中薬・食材

燥邪により引き起こされた肺の津液の消耗による口鼻の乾燥・咽喉の渇きと疼痛・鼻血・肌荒れ・発赤などの症状に対する薬膳対策には陰液を滋養し、熱を取り除き、津液の消耗による乾燥を改善する作用のある「滋陰清熱潤燥類」の中薬や食材を使用します。
また、咳嗽・痰・胸痛がある場合は肺を滋養し、乾燥を潤し咳を止める作用のある「潤肺止咳類」の中薬や食材も選択します。

薬膳処方 中薬 食材 方  剤
滋陰清熱潤燥 沙参、百合、西洋参、玉竹、麦門冬、石斛 白きくらげ、白胡麻、鴨肉、豚肉、ムール貝、牡蠣、かに、鶏卵、牛乳、蜂蜜、いちご、キウイフルーツ、りんご 桑杏湯(そうきょうとう) 
桑葉・杏仁・沙参・浙貝母・淡豆鼓・山梔子・梨皮
潤肺止咳 杏仁、貝母、桔梗、枇杷葉、蘇子 豆乳、春菊、しろ羅漢果、梨、枇杷

▲TOP




寒は冬の主気で、五行の水に属し、五臓の腎と関係があります。冬は寒く空気が冷たく、土や川が凍ってしまうほど寒邪が強く陰盛陽衰の季節です。急に気温が下がると身体に寒邪が侵入しやすくなったり、薄着により寒邪を受けることもあります。また冬以外の季節でも雨にぬれたり、汗をかいた後に冷えると寒邪を受けやすくなります。長期にわたって寒邪が身体に影響を及ぼして陽気を損傷すると内寒病証となります。

<寒邪と関連する事項>
五 行 自然界 人 体
五行 特徴 五季 五気 邪気 五方 五化 五色 五味 五臓 六腑
寒潤下行 寒邪 膀胱

 寒邪の特徴

① 寒は陰邪、陽気を損傷しやすい
② 寒の凝滞性
③ 寒の収引性

 寒邪の症状とその分析

症  状 分  析
悪寒・悪風・発熱・冷え(背中、腹部、足腰)・下痢 寒邪が侵入すると身体を温め保護している陽気が損傷し、冷えによる症状が現れる。
頭痛・胸痛・体痛・腹痛・四肢痛・関節の疼痛・足腰の痛み 寒邪の凝滞性の特徴により、気の巡りと血の循環がスムーズにいかなくなり痛みが出る。
四肢の屈伸が困難・咳・喘息・頭痛・目眩・足の痙攣 寒邪の吸引性により、筋肉・経脈・関節などが痙攣をおこす。気管支炎や心脳血管疾患の発病率が高くなる。

 寒邪の薬膳対策と中薬・食材

寒邪と風邪が身体に侵入して、悪寒・発熱・頭痛・体痛・無汗などの症状を起こした場合の薬膳対策は、「辛温解表類」の中薬や食材を用い、辛味により邪気を発散させ、温性により寒気を除きます。また、疼痛や痙攣がある場合は、経絡を温め、寒邪を取り除く作用のある「温経散寒類」の中薬や食材を使用します。

薬膳処方 中  薬 食  材 方  剤
辛温解表 紫蘇、桂枝、香薷、芫莩、防風 生姜、葱、大葉、香采、茗荷 桂枝湯(けいしとう) 
桂枝・芍薬・炙甘草・生姜・大棗
温経散寒 肉桂、乾姜、丁香、小茴香 韮、唐辛子、山椒、胡椒、金木犀、黒砂糖

▲TOP